ゼロ 一獲千金ゲーム★出演Jr.オーディション★出来レース&最悪声・噴出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「ゼロ 一獲千金ゲーム★出演Jr.オーディション★出来レース最悪声噴出」の事をお伝えしたいと思います。

1999年」から「2000年」にかけて放送されていた、「ジャニーズJr.」主演の「人気ドラマ」「熱血恋愛道」「怖い日曜日」が「19年」の時を経て、「Jr.選抜標への道」「日本テレビ系」で「リメイク」され、「ジャニーズJr.」の「オーディション番組」としてよみがえりました。

当時、「ジャニーズJr.」として「」や「NEWSメンバー」などが出演していた「ドラマ」ですが、「リメイク」するにあたって、「井上瑞稀さん」「HiHi Jets」、「高橋優斗さん」「HiHi Jets」、「岩崎大昇さん」「東京B少年」、「佐藤龍我さん」「東京B少年」、「道枝駿佑さん」「関西ジャニーズJr.」、「西村拓哉さん」「関西ジャニーズJr.」、「長尾謙杜さん」「関西ジャニーズJr.」、「島崎斗亜さん」「関西ジャニーズJr.」、「織山尚大さん」「ジャニーズJr.」という「9人」の「ジャニーズJr.」が、「3回」に渡って「ドラマ」に登場しました。

実はこの番組、いまだ無名の現在の「ジャニーズJr.」たちの中から次世代の「スター」を発掘するという企画の傍ら、真の目的は「7月15日」から「スタート」した「NEWS加藤シゲアキさん」主演の「新ドラマ」「ゼロ 一獲千金ゲーム」で重要な役柄となる「しるべ」」役を決める「オーディション」でした。




ゼロ」「第1話」の放送中に、標が「東京B少年佐藤龍我さん」であることが明らかになりましたが、「16日」深夜の「Jr.選抜標への道」放送では、まだ「オーディション」であることすら知らされていなかった「Jr.」たちに、「加藤シゲアキさん」の口から企画意図が発表されました。「Jr.」たちは驚きの連続だったものの、最終的に選ばれたのは「東京B少年」の「佐藤龍我さん」でした。「日本テレビ」側が慎重な協議を重ねた結果、「ゼロ 一獲千金ゲーム」にもっとも適した演技をすることができるのが「佐藤龍我さん」だったといいます。

佐藤龍我さん」は「他8人」の思いも背負って「ゼロ 一獲千金ゲーム」に出演しています。これまで「ドラマ経験」がないこともあって緊張し戸惑い、本番終了後はうまく演技ができなかったことを後悔しながら「悔しい」とつぶやいて涙をこぼす一幕もありました。ですが、「インタビュー」では「「今後は練習しかない」と力強く語り、標役を演じきることを誓っていました。

一方、選ばれなかった「メンバー」たちは、「加藤シゲアキさん」から「この世界歌もダンスもトークもお芝居も常にオーディションなんですだから今回の結果はみんなにとって残念だったかも知れないけどこの悔しさ羨ましさ悲しさをバネにして腐らずに頑張り続けてようやく誰かが見てくれるそういう世界だと思ってほしいです」「この世界でやっていきたいと思うならアホほど努力してください」と言葉をもらい、力強く返事をしていました。

ですが、その後の「個別インタビュー」で、「高橋優斗さん」は「龍我は後輩なんで後輩に負けるというのはすごく悔しいです」と告白しました。また今回の「メンバー」の中で最も「キャリア」の長い「井上瑞稀さん」も涙を滲ませ、「悔しいです」と「コメント」しました。「ジャニーズ事務所歴9年間」の中でも一番悔しいといい、「高校生になってからこんなに悔しいって気持ちになったのは初めてかもしれないです」「この経験を無駄にはしない次は絶対に頑張りたいです」と決意を語りました。




ですが、実は「ゼロ」本編の放送前に、標役に選ばれたのは「佐藤龍我さん」であることが判明します。「ゼロ」「公式Twitter」が、「標役を射止めた佐藤龍我くんが本日PON!」に生出演します」などと放送直前に「ツイート」したのでした。これを見た「ジャニーズJr.ファン」は、「放送前に自分が応援してる子が選ばれなかったことを知りテレビを消しましたがっかりです」「放送前に知る状況になってしまったのは残念でした」「放送前に標が応援してた子じゃないって知っちゃってほんとにショック」「うっかりでは済まされません最悪な知り方でしたガッカリですもう見ません」などと、「ゼロ」「公式アカウント」に批判意見を「リプライ」していました。

番組アカウント」は、「放送中に作成していたツイートを間違えて出してしまいました大変申し訳ございません」と絵文字を添えて一言述べたものの、「謝る気持ちがあるなら真剣にやって」「絵文字なんて使って誠意というものがみえません」「なぜ謝罪に絵文字がつくのでしょうか?」とさらに反感を買うこととなりました。

そもそも、「Jr.選抜標への道」に表示されていた黒塗りの標役の「シルエット」が「佐藤龍我の写真と同じ形」と指摘もされていただけに、「出来レースとしてか思えない」との声もあったようです。

そうした騒動がありつつも、「ジャニーズJr.ファン」からは、「オーディションに落ちて悔しくて涙する子も選ばれた重圧とうまくできなくて泣いてる龍我くんもみんなみんな美しい!」「シゲアキ先輩の言葉にすごい重みがあったしほかの8人も応援したい気持ちになった瑞希くんとか一番歴長いし悔しいよね」「落ちて泣いてる子見ながら泣いてしまった みんな頑張ってほしい」といった声が集まっていました。

次世代の「ジャニーズアイドル」の「Jr.」達が厳しい「オーディション」を勝ち抜いた時こそ本物になるんでしょうね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。