三宅健さん★滝沢歌舞伎終了★やっぱり寂しい&ずっとできたらいいのに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「三宅健さん★滝沢歌舞伎終了★やっぱり寂しい&ずっとできたらいいのに」の事をお伝えしたいと思います。

10月3日」から「東京グローブ座」で始まる舞台「二十日鼠と人間」の主演が決まった「V6」の「三宅健さん」です。「7月16日」深夜に放送された「ラジオ」「三宅健のラヂオ」「bayfm」では、「寂しいと感じる時」について思いを語りました。




今回の放送は、「リスナー」からの「メール」を紹介し、その質問に答える内容です。さっそく「リスナー」からの「突然ですが健くんは好きなお団子の味ってなんですか?」という「質問メール」を読み上げた「三宅健さん」は、「結構いろいろ好きですけどまぁマストで入ってくるのはみたらし団子三色団子も好きですねちょっと甘いピンク薄黄緑みたいなあとはなんだろう ゴマ団子黒ごまと砂糖それと煎茶ほうじ茶でいただくのがおいしいですね玄米茶でも良いですね~。おはぎも結構好きなんだけどねおはぎっておいしいよな~、だいたいねジジババが好きなやつが好きなんだよね」と、さまざまな種類の団子やおはぎが好きで、お茶との「セット」で食べるのが幸せだと発言しました。

リスナー」からのかわいい質問に丁寧に答える「三宅健さん」は、さらに「あんまりでもお茶も飲みすぎはよくないからね本当にお茶好きだから飲みすぎておなか下す時は結構ある人とご飯を食べててさ3時間ぐらい一緒にいたらずっと緑茶飲んでるんだからさおなか下すじゃんしゃべったりするとなんか間が持たないのかどんどん飲む頻度が回数が増えるだからお茶のわんこそばみたいな」と、お茶の飲みすぎでおなかが緩くなる体質であることも告白しました。

次に、高校時代吹奏楽部に入っていたという「20歳」の「女性リスナー」からの質問は、「最後の演奏会の最後の曲で、「この時間が止まればいいのにこの音を切りたくないずっとこのままいられたらいいのにと思いました健くんにはこの時間がずっと続けばいいのに 終わるのが寂しいと感じた経験はありますか?」というものでした。




この質問に「三宅健さん」は「いいねこの音を切りたくない いいね!」と「リスナー」の表現力を褒めた後、「まぁでもそれは毎回思いますけどコンサートが終わる瞬間だったり今年で言えばやっぱり滝沢歌舞伎ですかね去年は去年で寂しかったんですけどやっぱり3年間という月日を自分の中で遡っていくとねやっぱり寂しいですよねこのままずっとできたら良いのになって思ったりしますけど」と「6月末」で幕を閉じた「滝沢歌舞伎」への名残惜しさを告白しました。

さらに、「まぁでもやっぱり終わりがあるからだからこそそういう良さっていうのはあると思うので。「始まりがあれば終わりが来る」、これは致し方ないこと決められた時間の中で努力してやらなくちゃいけないっていうことが逆に儚くて切なくて良いのかなって思ったりもしますしだからこそそこに思いが乗っかっていくのかなっていう気がしますけど」と言い、「コンサート舞台ドラマ」などさまざまな場面での出会いと別れを繰り返してきたであろう「三宅健さん」の前向きな言葉が語られたのでした。

三宅健さん」の「リスナー」に対する優しい回答が余計に男らしさを感じますよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。