城島茂★桜島で初キスに反応★幼少期を過ごした★鹿児島あるある披露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「城島茂★桜島で初キスに反応★幼少期を過ごした★鹿児島あるある披露」の事をお伝えします。

「TOKIO」の冠番組、「TOKIOカケル」「フジテレビ系」で「TOKIO」と「沢村一樹」が「トーク」を繰り広げました。




毎週「ゲスト」と「ゲーム企画」をしながら「トーク」していく「バラエティ番組」「TOKIOカケル」です。「7月18日」の放送では「月9ドラマ」「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」「フジテレビ系」で主演を務めている俳優の「沢村一樹」が登場し、「沢村一樹のしなさそうトーク」という企画が放送されました。

街の女性に、「沢村一樹」が「“しなさそう”」なことを聞いた「インタビューVTR」を流し、「道を聞かれても答えなさそう」「固いフタを開けられなさそう」といった「イメージ」が語られました。その中で出た「初キスの思い出は忘れなさそう」という「コメント」に対して、「沢村一樹」は「初キスはハッキリ覚えています」と回答します。「沢村一樹」の「初キス」は「19歳」の時だったといい、当時「バイト」をしていた会社の社員旅行で桜島に行った際、「8歳」ほど年上の女性としたことなどを恥ずかしがりながら語ると、「城島茂」は「チェリーアイランド!「桜島」」と茶々を入れました。

また、「TOKIOメンバー」からも「私服は奥さんが買うので自分で買わなそう」といった「イメージ」が語られましたが、「長瀬智也」の「地元愛を持ってなさそう」という「コメント」に反応したのが、「城島茂」でした。「地元鹿児島愛のかたまり」と「沢村一樹」が否定すると、幼少期の「3年間」を鹿児島で過ごした「城島茂」は、「桜島のドーンっていう音、あれで鹿児島県民かどうかわかる」「子どもの頃は窓ガラスの灰を掃除するところから始まる」と「“鹿児島あるある”」を話し始めました。「沢村一樹」も、観光客などが噴火の音で慌てていても、地元民は風向きを見て灰が降って来るかどうかを判断している、と語りました。




また、「23区23時のオンナたち」という「コーナー」で会社の元同僚という「4人」の女性たちの仲睦まじい姿をおさめた「VTR」が紹介されると、司会の「国分太一」が「気を使わずにしゃべれる人っていますか?」と「沢村一樹」に質問します。「沢村一樹」はこれに「親しき仲にも礼儀ありじゃないけど、気を使うのも嫌ではない」と明言しました。また、「松岡昌宏」が「気を使わないで話せる人って、ある程度距離があったほうがしゃべれる気がする」と「コメント」すると、「沢村一樹」も同意しつつ、「距離感が気持ちいい人がいる」と語っていました。

その後も、仕事観など深い話も「TOKIO」と語り合っていた「沢村一樹」でした。この日の放送に視聴者からは、「沢村さんをイジリまくって面白かった」「みんな精神年齢同じくらいで、軽い話から深い話までしててよかった」といった、さまざまな感想が出ていました。

「鹿児島トーク」で「城島茂&沢村一樹」が盛り上がるのは「ファン」からすれば意外な展開だったでしょうね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。