伊野尾慧★めざましテレビ★イノ調で英語インタビュー★英語習得指令の成果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「伊野尾慧★めざましテレビ★イノ調で英語インタビュー★英語習得指令の成果」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「めざましテレビ」内で放送される「Hey!Say!JUMP・伊野尾慧さん」の「コーナー」「イノ調」が「7月19日」に放送されました。

毎回、気になる身近な「ギモン」を検証するという「コンセプト」の「当コーナー」です。この日には、「外国人に大人気の日暮里」を「テーマ」に、いま外国人が殺到しているという古き良き「下町・日暮里」を「伊野尾慧さん」が調査しました。




まず向かったのは、日暮里駅周辺にある外国人利用客が多い「ビジネスホテル」です。「一軒目」の「ホテル」を訪れた「伊野尾慧さん」は、そのあまりの外国人利用客の多さに、「ここ日本じゃないよ!本当に日暮里だよね?」と驚きます。戸惑いつつ中に入り、早速「フランス」からの旅行客に「インタビュー」を開始します。たどたどしいながら「Why do you choose to stay in nippori?「なぜ宿泊場所を日暮里にしたのですか?」」と英語で「インタビュー」する一幕もありました。「フランス」からの旅行客は、この質問に「成田空港へのアクセスも簡単で交通が便利だから」と回答しました。日暮里の魅力の「1つ」には「交通アクセス」があるといいます。

さらに「インタビュー」を続けると、日暮里について「伝統的な街並みを残すところもあり、古風な趣がある」と下町の景観を評価する声も上がっていました。そこで「伊野尾慧さん」は谷中ぎんざに繰り出し、外国人旅行者に再び「インタビュー」しました。店先で日本酒を飲む外国人や「谷中メンチ」を「フライドハンバーガー」と呼ぶ外国人にも遭遇し、ともにたこ焼きを楽しんだりなど、英語を交えながら交流を重ねていました。

また、日暮里は繊維街としても知られており、「インターネット」の情報で日本製生地の品質の良さを知った外国人が問屋に足を運んでいるといいます。今では、外国人客が「2割」ほど増えたといい、日暮里繊維街側でも英語表記の地図を作製したそうです。最後には「ミャンマー」で流行しているという、日本の着物と「ミャンマー」の民族衣装を組み合わせた「着物ロンジー」も紹介し、和柄の布を纏った「伊野尾慧さん」が「ミャンマー語」で「チェーズティンバーデェー「ありがとう」」と述べ、「ウインク」をするという「ファンサービス」もありました。「スタジオ」からは「なんだ、あれ」と「ツッコミ」の声が上がりました。




この日の放送は、「伊野尾慧さん」「ファン」からの評判も上々でした。「英語のインタビューとても素敵だったな」「伊野尾くんが英語しゃべってるの聞いて、びっくりした!」「自然に外国人と話してる伊野尾くんかっこよかった」といった絶賛の声が「ネット上」に上がりました。

一部報道で、「ジャニーズ事務所」の「ジャニー喜多川社長」が「タレント」に英語習得指令を下したことも明らかになっていましたが、「伊野尾慧さん」は以前雑誌の「インタビュー」でも「30歳くらいまでに英語を身に付けたい」と語っており、地道に努力を重ねてきた様子です。昨年「9月14日」に放送された「イノ調」では外国人の通訳に同じ「メンバー」の「岡本圭人さん」が駆り出されていましたが、「9月」から留学してしまう「岡本圭人さん」の心配の種も「1つ」減ったようです。

「伊野尾慧さん」の個人的な英語取得の努力が少しずつですが成果が表れているようで「ファン」も安心して「コーナー」を視聴できるでしょうね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。