V6三宅健さん★学校へ行こう!★ミヤケンコ★女性ライターのモノマネ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「V6三宅健さん★学校へ行こう!★ミヤケンコ★女性ライターのモノマネ」の事をお伝えしたいと思います。

アイドル雑誌」だけではなく、「ファッション雑誌」や文芸誌など、毎月、さまざまな雑誌で「インタビュー」を受ける「ジャニーズアイドル」たちです。「V6三宅健さん」は、「ラジオ」「三宅健のラヂオ」「bayFM」「1月15日」深夜放送回で、普段あまり語られることのない、「雑誌ライター」との交流を明かしました。




前回の放送で、「三宅健さん」は「“ミヤケンコ”」という女性に扮し、一人二役をこなしながら対談形式で番組を進行していました。この「“ミヤケンコ”」は、かつて「V6」 が出演していた「バラエティ番組」「学校へ行こう!」「TBS系・1997年~2005年」で、「三宅健さん」が女装して演じていた「金髪ギャル」の女子高生の「キャラクター」と名前が一緒だったために、「ネット上」では、「「“ミヤケンコ”」が成長した!」と話題になっていました。

ですが、「三宅健さん」は、実は「ラジオ」での「“ミヤケンコ”」は、よく「V6」に「インタビュー」をする「ライター」の女性を「モデル」にしていたことを告白しました。「三宅健さん」は「話が脱線していく感じとか、「なるほどなるほどですね~」っていう口癖とか基本的にはあの感じ」と笑いました。どうやら、「ライター」のものまねには多少自信があるようでした。




さらに、交流している「ライター」の中には、「V6」を「10代」の頃から知っている人もいるようです。「10代」の頃は「そっすね」というように、子どもっぽい受け答えしていたという「三宅健さん」は、最近は成長したため、「大人としての対応をしたいって思うから敬語でしゃべっている」と明かしました。ですが、そのような受け答えをしているのにもかかわらず、その「ライター」の中では「三宅健さん」が「10代」の「イメージ」ままだったのか、出来上がった記事では、「三宅健さん」の「インタビュー」の語尾が「まぁそんな感じっすかね」と、くだけたような言い回しで記載されていたといいます。「三宅健さん」は「その人は良かれと思ってさ親しみを込めてやってくれてるんだと思うんだけど」と複雑な心境を語りました。

ジャニーズ公式携帯サイト」「Johnny’s web」の中で「にこにこ健°」という「ブログ」を更新している「三宅健さん」は、書いて伝える立場として、「“言葉の重み”」を意識しているようでした。「三宅健さん」は、「「インタビュー中に記事にできないようなこととかよくしゃべったりしてるからそれが、「ボクがもしこの世を去った時に出てきたりしたら困るから最近言動には気をつけようと思ってる」と冗談めかしましたが、「インタビュー」ひとつにひとつに心を込め、答えようとする「三宅健さん」の誠実さが伝わった放送でした。

10代」の頃からの「三宅健さん」「ファン」にしてみれば懐かしい気持ちになり「学校へいこう!」の番組を思い出すでしょうね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。