大倉忠義&横山裕★番組3年目・衝撃発言★関ジャニ∞クロニクルへの本音

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大倉忠義&横山裕★番組3年目・衝撃発言★関ジャニ∞クロニクルへの本音」の事をお伝えしたいと思います。

「7月21日」放送の「関ジャニ∞クロニクル」「フジテレビ系」に、「サイエンスプロデューサー」の「米村でんじろう先生」が登場しました。「横山裕」と「大倉忠義」が、科学実験で大興奮する一幕がありました。

「スゲーなのに図鑑」は、話題の人物や企業に潜む、人気の秘密や意外な「ギャップ」「=なのに」を探る「コーナー」です。今回は夏休み突入「スペシャル企画」として、「なのにな自由研究」と題し、「でんじろう流」の簡単で楽しい自由研究が紹介されました。




「横山裕」と「大倉忠義」が向かったのは、「3階建」ての「ビル」の中にあるでんじろうの研究室です。雑多な物が置かれ、倉庫のような研究室に「2人」が入っていくと、誰もいない部屋に突然大きな雲が出現します。間髪入れず、雪も降ってくる展開に「2人」は驚くものの、「横山裕」は「俺らのリアクション悪いな。安「田章大」だったら、もっとうまくやってる。わーわーわー言うて」と早くも「反省モード」です。

少々年季の感じられる「2階」の研究室に行く階段で、「横山裕」は「阪神パークのお化け屋敷思い出すわ。あのちょっとちゃっちい感じの。潰れかけのお化け屋敷思い出す」と「2003年」に閉鎖した「甲子園阪神パーク」の話をすると、「大倉忠義」は「ちゃっちい言うな!」と「フォロー」します。「2階」に到着すると、「でんじろう」が登場しました。

「さっきの雲みたいの出て、あれはどうなんですか?」と「横山裕」が質問すると、「お湯の中にマイナス200℃の液体窒素を入れると、お湯の水蒸気が冷却され、一気に発生した霧が雲の正体」と、「でんじろう」は「大倉忠義」に実践させながら解説します。舞い上がった白い霧に、「横山裕」と「大倉忠義」は興奮し、「横山裕」は、「先生。俺、今わかったけど自由研究好きやわ!」と、「でんじろう」の実験を称賛しました。




次の「でんじろう先生」の実験は、「火を一切使わないのに火起こしができる!アウトドアにも活用できる科学の実験」というものです。身近なもので簡単に火をつける方法で、材料は「フライパン」などを洗う「スチールウール」「金たわし」と割り箸と電池のみです。さっそく「横山裕」は、電池の「プラスマイナス」をくっつけ、電池に「スチールウール」をつけてみるが反応はなしです。

そこで、「でんじろう先生」が「電池はプラス極とマイナス極をつながないと電気は流れないので」と説明すると、「横山裕」は「あっ、こういうことか!」と、「スチールウール」を電池の「プラス」と「マイナス」の両方にくっつけ一周させるような形にします。すると、数秒後、早くも「スチールウール」に火がつき、「はやっ!すげー!えーこんなことなるの?」と、「2人」は今まで以上に大興奮しました。燃えた「スチールウール」に割り箸を立てかけ、息を吹きかけると、徐々に火が大きくなっていきます。

これを見た「大倉忠義」は「面白!! 面白いわ!!  初めて「なのに」が面白いわ」と、笑顔で爆弾発言します。それを聞いた「横山裕」も「俺も」と同意します。番組が始まって「3年」あまりで、初めて満足のいく「スゲーなのに図鑑」を体験した「2人」なのでした。

「石の上にも3年」と言うことわざがありますが、番組も「3年」経過すれば楽しい満足のいく番組に近づいていくのかも知れませんね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。