村上信五★戦い方が変わってきた★ジャニーズ事務所の競争意識語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「村上信五★戦い方が変わってきた★ジャニーズ事務所の競争意識語る」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞・村上信五」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「村上信五の週刊!関ジャニ通信」「ABCラジオ」が「7月22日」深夜に放送されました。




この日の「メッセージテーマ」は、「あなたに足りないものはなんですか?」というものです。最初に取り上げられたのは、「自分に対する厳しさです」という「メール」です。「リスナー」は、やらなければならない課題があるにもかかわらず、「まだもうちょっと大丈夫やろう」と、どうしても自分に甘くなってしまうといい、「村上くんはストイックなイメージがあるのですが、自分に甘くしてしまうことはありますか?」と質問しました。

「村上信五」はこれに「僕、全然ストイックじゃないんですけどね」ときっぱりです。「なんでそんなイメージを持ってるのか不思議ではありますが、でも厳しさの度合いが人それぞれ違いますからね」と語りました。また、「村上信五」自身も「自分に甘いな」と思うことが多々あるといい、「でも大体の人がそうじゃないですか?」と、意識的に自分に厳しくできる人は少数であると持論を展開しました。「理想の時間の使い方だったり、夏休みの宿題もそうでしょう。最初にやろうと思うのに大体の人は最後に残してしまうっていうね。「“あるある”」になってるってことは統計学ですから。これを思ってることが大事だと思います。これ以上甘えないラインの瀬戸際にいると思えば、保てるんじゃないですかね」と言いました。

また「村上信五」は、「自分に足りないものは闘争心」だとする「リスナー」の「負けてもあまり悔しくありません」という「メッセージ」にも反応しました。「村上さんは負けて悔しいと思うことがありますか?」との問いかけに、「闘争心なあ」とつぶやきつつ、「闘争心という意味では鎮火してきているかもしれないですね、確かに」と年々闘争心が薄れてきていることを告白しました。




自身の闘争心は「ジャニーズJr.時代」がもっとも高かったといい、「「あいつに負けたくない、こいつに負けたくない。デビューしたい」という思いが強いですから。その時は競争ですから、どうやったら一歩前に出られるんだろう、センターに近づけるんだろう」と考えていたことを明かしました。「20代」の頃は近い世代に「タキツバ」「タッキー&翼」や「嵐」が同世代でそれぞれ「デビュー」していったのを見ていたといい、「その時は「負けたくない」っていうのがありましたけど、でもグループのカラーが、戦い方が変わってきたりするでしょ?」と、現在は闘争心を抱いていないとしつつ、だんだん他人よりも自分との戦いに「シフト」してきたことなども語りました。

さらに、「「他人と」比べてモチベーション保つ時期もありましたけど、それにも限界がきてしまいますし」としつつ、「「どうあがいてもここには勝てない」ということもわかってきた」と語った「村上信五」でした。「じゃあ自分ができることってなんだろう、っていうことになってきますから。そういう意味では闘争心というよりも自分との戦いになったかな」と、いつにも増して自身の深い考えを明かした放送回となっていました。

「10代・20代・30代」と歳を重ねていくにつれて考え方や感じ方が変わってきて、その度に自分なりの考え方の修正などを経て良い大人に成長していくんでしょうね。「村上信五さん」の言う「闘争心」が鎮火してきたと言う回答は理に叶う答えだと思いますよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。