堂本光一★愛犬のクローンほしい★回答にファン★ジーンときた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「堂本光一★愛犬のクローンほしい★回答にファン★ジーンときた」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「KinKi Kids どんなもんヤ!」「文化放送」が「7月23日」深夜に放送されました。




この日は「堂本光一」が登場し、最初に取り上げられた「メッセージ」は、愛犬を亡くした「アメリカ」の大物歌手が愛犬の「クローン犬」を誕生させたことで物議を醸しているという「ニュース」を知らせるものでした。「メッセージ」には、「光ちゃんもパンちゃんのクローンを作ってみたいと思いますか?」と、「堂本光一」の「愛犬・パンちゃん」についての質問が記されていました。

「堂本光一」はこれに対し、ため息をつきつつ、「本当に、正直言ったら思う」と回答しました。ですが、「気持ちはわかる」とした上で、「いくらクローンで同じ細胞といっても、その子ではないよね」と、元の愛犬とは別の犬になってしまうとしました。また「堂本光一」は「同じような愛情を与えるのは前提なんだけど、その子ではないから。そっちの子はそっちの子なりの接し方があるだろうし。ってことは結果的にクローンじゃなくていいんじゃないかな。だって、その子じゃないもん」と持論を展開しました。葛藤しつつも「クローン」を作らない道を選ぶといい、最後には「すごい時代だよね」と感慨深く語っていました。

その後は、「あったらほしい超能力ランキング」が書かれた「メッセージ」を紹介し、投稿者は「5位」が動物と会話、「4位」が飛行、「3位」が予知、「2位」が「テレポーテーション」、そして「1位」が「タイムスリップ」だといいます。「光ちゃんはどんな超能力が欲しいですか?」とつづられていました。




「堂本光一」は、これに「飛行かな」と即答しました。「テレポーテーションもいいよ。すごくいいけど、車も好きやから」と、移動するための乗り物が好きだと告白しました。飛行の超能力が生まれると乗り物自体がいらなくなってしまうといい、「それがなくなるやん。飛行は飛行で、飛行という移動手段になるやん。テレポーテーションやったらさっと着くやろ」と、飛行がある場合は車や電車と同じく移動手段のひとつになると真剣に主張していました。「情緒もクソもないっていうかさ。旅行するときも」とし、「1位」の「タイムスリップ」に関しては「過去に行きたいんかな、未来に行きたいんかな」としつつ、「タイムスリップはいいや。いまを生きよう、いまを生きるんだ!」と語り、同じ理由で「“予知”」もいらないと話していました。

この日の放送に「リスナー」からは、「超能力熱く語る光一くん可愛かった!」「クローンの話、なんだかジーンときた」「冒頭のクローンの話でしんみりしてしまった。でも乗り物の話するときはテンション高くて笑った」といった感想が集まっていました。

「堂本光一」が言うように「クローン」は所詮、元の愛犬ではないと回答するのは間違いではないですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。