木村拓哉★23年半続いたラジオ番組名★SMAP消失★ファンの動揺広がる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「木村拓哉★23年半続いたラジオ番組名★SMAP消失★ファンの動揺広がる」の事をお伝えしたいと思います。

「木村拓哉」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「木村拓哉のWhat’s UP SMAP!」「TOKYO FM」が、「7月27日」の放送をもって終了することが明らかになりました。「グループ解散後」、現状では「SMAP」の名が残る唯一の番組でしたが、「8月5日」からは日曜「午前11時台」に移動し、「タイトル」も「木村拓哉 FLOW」に変わるといいます。最終回直前の突然のお知らせに対し、「ファン」は大きな「ショック」を受けています。

「木村拓哉」の「ラジオ」は「1995年」に「スタート」しました。「リスナー」は「木村拓哉」を「“キャプテン”」と呼び、金曜「午後11時~30分」の「オンエアー」とあって、ほかではなかなか聞けない「下ネタ」や過激な「トーク」が「ファン」に「ウケ」ていました。「2016年8月」に「SMAP」の解散が発表された後、番組名の「What’s UP SMAP!」について、「木村拓哉」は「タイトルは変わる必要はないかなって、今は思ってますけど」「8月26日放送」と明言しています。以降、番組内では変わらず「SMAP」の楽曲を流し続け、「タイトル」とともに「SMAP」の存在を残してきました。

ですが、「7月20日」の「ラジオ」で、「木村拓哉」自らが「TOKYO FMのスタッフのみなさんと、いろいろお話をし合って。「そろそろこの船を降りて、次の船に乗ってもいいんじゃないの?」という話になり、22年以上乗ってきたこの船を1回降りて、次の船に乗ろうと決意しました」と、報告しました。現在の番組は次週で最後となりますが、「8月」に新番組が「スタート」すると伝えました。「TOKYO FM」の発表によれば、新たな「木村拓哉 FLOW」は毎週日曜「午前11時30分~55分」の放送で、現在の「30分」番組より「5分」短縮するとのことでした。




衝撃的な告白を受け、多くの「ファン」は「22年ずっと聞いてた「ワッツ」。SMAPのつく番組がとうとうなくなっちゃう」「改編期でもない時期に「ワッツ」からSMAPが外れ、日時が変わることにどう反応すればいいかわからない」「完全終了じゃなく、新番組が始まるのは安心。ただ、金曜の夜に木村くんの下ネタが聞けなくなるのが寂しい」「8月からは25分番組になるんだ。5分って結構大きいな」と、落胆しています。とはいえ、「スポーツ紙」などでの報道ではなく、「一番に拓哉くんの口から聞けたことが何よりもありがたい」と、「木村拓哉」本人の言葉で事実を知った点については喜んでいます。

その一方で、「ファン」は少し前から「What’s UP SMAP!」に関する異変を察知していたといいます。

「実はここ2カ月近く、木村くんがSMAPの曲を流す時に「SMAPで~」と紹介しなくなったと、ファンの間で騒ぎになっていたんです。5月下旬のオンエアー以降は話の流れでトークに合った曲が流れたり、曲名を言うのみだったため、なぜ以前のように「SMAPで○○」といった曲紹介をしないのか、寂しい気持ちになっていました。ところが、20日の放送では「いつだってありのままのスタイルで、みなさんどうぞいてください。SMAPで「はじまりのうた」」と、2008年のアルバム曲をかけたんです。ようやく聞けた「SMAPで~」の一言に感激した直後、急な悲しいお知らせに、しばらく動揺が収まりませんでした」「SMAPファンの女性」

これらの状況により、「ファン」は新番組で「SMAPの楽曲を流せなくなるのではないか」と危惧しています。「ネット上」でも「キャプテンが曲紹介で「SMAPで」って言ってくれたのは、もしかして新番組ではSMAPという名前が言えない、曲がかけられないから?」「ここ1カ月以上SMAP言わなかったのが、今日は「SMAP」って言って曲をかけた。歌は来週まではかけられるのかな?SMAPは使えなくなったのかな」「木村くんの番組が続くことは良かったけど 絶対、事務所に何か言われたよね。久しぶりに曲紹介前に「SMAPで」って聞けてうれしかったけど、複雑」「とうとうSMAPを取り上げられた。もう曲もかからないだろうな」と、「ネガティブ」な意見が散見されます。




そして、こうした心配の声が広がる最大の要因は、「ジャニーズファミリークラブ」「ファンクラブ組織」が配信する「木村拓哉 情報サービス会員限定 情報メール」の内容が関連しているようです。

「「What’s UP SMAP!」では年始の書初めが恒例になっているんですが、今年は1月16日配信の「情報メール」を通じて、その直筆書初め画像をプレゼントするサービスがありました。事務所の配慮はうれしかったものの、なぜかメール内に番組名の記載はなく、「みなさまもよくご存じの、ラジオ番組内での新春恒例企画の書初めです」と、妙な案内文だったんです。単純に「木村拓哉のWhat’s UP SMAP!」と書けばわかりやすいのに、なぜそこまで遠回しな表現をするのか、情報メールに「SMAP」と載せたくないのではないかと、疑問を抱いてしまいました。これ以降もなぜかメールでラジオの宣伝をほとんどしていませんし、7月24日までに「ワッツ」の終了や、新番組を告知する内容は届いていないんです。Twitterでも「情報メール、雑誌情報より大事なのあるじゃん。23年半も続いたラジオ番組が来週で終わるのに」と憤怒の声が出ていました」「前出・SMAPファンの女性」

新番組は「What’s UP SMAP!」の魅力を受け継ぎ、これまで通りの「木村拓哉」らしい自由な「トーク」や選曲を続けてほしいものですね。

「ジャニーズ」の一時代を築いた「SMAP」の名が完全に消えてしまうのも仕方がないのかも知れませんね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。