嵐・KEN☆Tackey・山下智久・集合★VS嵐で見えたジャニーズ★上下関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「嵐・KEN☆Tackey・山下智久・集合★VS嵐で見えたジャニーズ★上下関係」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の冠番組、「VS嵐」「フジテレビ系」が「7月26日」に放送されました。毎週「ゲスト」との「アトラクションゲーム対決」が見どころの「VS嵐」ですが、今週は「夏休み3時間SP」として「2組」の「ゲストチーム」が登場しました。「山下智久」率いる「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」「チーム」は「新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介、新木優子」の「6人」です。また、「山崎弘也」率いる「ザキヤマ軍団」は、「おぎやはぎの小木博明、バイキングの小峠英二、尼神インターの渚、ミキの亜生と昴生」が出演しました。さらに「嵐」を「サポート」する「プラスワンゲスト」には、「KEN☆Tackey」の「ユニット」を組んでいる「V6・三宅健、タッキー&翼・滝沢秀明」が登場し、三つ巴対決となりました。

「サプライズ」として「KEN☆Tackey」が登場すると、「スタジオ」の出演者も大盛り上がりです。「二宮和也」が「2人揃ってるけど、どうしたんですか?」と聞くと、「滝沢秀明」は「僕たちデビューしたんです!」と回答します。「新ユニット」「KEN☆Tackey」の告知をしつつ、「三宅健」は「この身なりでド新人です!」とおちゃらけます。「滝沢秀明」がさらに「ジャニーズ1番下ですから」と宣言すると、「三宅健」もそれに乗っかり、「キンプリの直属の後輩ですから!」と「5月」に「メジャーデビュー」したばかりの「ジャニーズ」の「新人グループ・King&Prince」の名前を出し「スタジオ」を笑わせていました。




「山下智久」は、自身が小学生の時、「滝沢秀明」が主演を務めていた「ドラマ」を見て、「ジャニーズ入り」を決心した経緯があったといい、「ジャニーズJr.」に入った後、今では浸透している「山下智久」のあだ名「山P」を付けてくれたのも「滝沢秀明」だったといいます。また、「Jr.」の頃に、「滝沢秀明」から「摩擦が大事だぞ」と靴下の洗い方を教えてもらったという「エピソード」まで披露しました。

「合計8人」の「ジャニーズタレント」が勢ぞろいしたこの回です。決勝に行けるのは「2チーム」ですが、番組中盤では「コード・ブルー」「チーム」が「1560pts」、「ザキヤマ軍団」が「1445pts」、「嵐」と「KEN☆Tackeyチーム」が「510pts」と、「上位2チーム」に大きく離されて絶体絶命の「嵐チーム」です。決勝に行くまでは、流れてくる「ボーリング」の「ピン」を倒す「ゲーム」「ボンバーストライカー」で「940pts」を取らなければならない「大ピンチ」でしたが、「松本潤」の「いや見せたいですよ。スペシャル「放送」だよ!」の一言で「嵐」と「KEN☆Tackeyチーム」が一致団結しました。見事「950pts」を獲得して決勝へ進み、「ジャニーズ」の勝負強さを見せつけました。

決勝戦でも「両チーム」が奮闘し、「スタジオ」は大盛り上がりです。最終的に優勝したのは「コード・ブルー」「チーム」でしたが、「リーダー」として「チーム」を引っ張ってきた「山下智久」が「ちょっと泣きそうです、もう今」と喜びをにじませるほど真剣勝負となっていました。




また、最後には「ザキヤマ」の「アシスト」でその場の「ジャニーズタレント8名」が「カメラ」の前で「決めポーズ」をするなど、夢の「8ショット」も実現しました。この日の放送に視聴者からは、「今週の「VS嵐」はジャニーズファンにとって最高すぎる回だった」「平成最後の夏に最高のスペシャル回が見れてよかった!」「まさに神回だったね!ジャニーズ集合回、頻繁にやってほしい」といった声が集まっていました。

「ジャニーズファン」にとって忘れることのできない放送になったでしょうね。

「KEN☆Tackey」の「2人」が番組に出ただけで「山下智久」の過去や上下関係の厳しさなどが良く分かる「ファン」には最高の時間になったでしょうね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。