二宮和也★顔バレ100%★なに隠してもバレる★松本潤に絶望

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「二宮和也★顔バレ100%★なに隠してもバレる★松本潤に絶望」の事をお伝えしたいと思います。

「7月26日」に放送された「嵐」の冠番組「VS嵐」「フジテレビ系」では「夏休み3時間SP」として、「ゲスト」との「アトラクションゲーム」のほか、「2年」ぶりとなる「嵐-1グランプリ」を「オンエア」しました。この「コーナー」は、「嵐」と「ゲスト」がさまざまな「ジャンル」の「レース」で対決し、その「1位」を「ゲスト審査員」が当てるというものです。「ウォーターダッシュグランプリ」「距離感グランプリ」などが放送され、「スタジオ」も大盛り上がりを見せていました。




そんな中で、特に視聴者からの注目を集めていたのが「バレるまでボウリンググランプリ」です。「2人1組」となり、一般のお客さんがいる「ボーリング場」で「プレイ」する、この「ゲーム」です。帽子と眼鏡だけの変装が認められており、一般のお客さんに「バレ」てどちらかが声をかけられるまでの「スコア」を競うといいます。この「ゲーム」には、「嵐」の「二宮和也&松本潤ペア、狩野英孝&品川祐「品川庄司」ペア、東幹久&橋本マナミペア」が登場しました。とびぬけて「ボウリング」がうまい人がいないからこそ、いかに「バレ」ずに「プレー」するかの「テクニック」が試されました。

「ゲーム開始」にあたって、「品川祐」は「「品川だ」って思っても、別にいいや「と思われる」」からこの「ゲーム」では芸人が有利だと自信満々に主張します。対する「嵐チーム」も「こっちも、めちゃめちゃ話しかけるなオーラ出しますから」と「二宮和也」は豪語していたものの、「レーン」にたどり着く前に「バレ」たら、その時点で終了と聞くと、「ウチ、松本潤いるのに!?」と弱気になります。「松本潤」自身も「俺ね、なに隠してもバレる」と苦笑いしました。不利に思えた「嵐チーム」ですが、「ゲーム」が始まると、まずは「バレ」ずに「レーン」に到着します。「バレ」ないうちに、どんどん投げていき、「スピード勝負」で「スコア」を稼ぐ作戦に出ました。

その後、順調に「スコア」を伸ばしていったものの、「“バレるかもタイム”」が発動します。「眼鏡を外す」という指令が出たために、「全チーム変装」は帽子のみになってしまいました。ですが、「嵐チーム」はなんと「“秘策”」として、手を頭の後ろで組んで顔を隠すという作戦にでます。これが功をなし、「嵐チーム」は「バレ」ることなく「スコア」も「トップ」で好調でした。途中、「東・橋本ペア」が脱落したために「芸人チーム」との一騎打ちになりました。




ですが、再び「“バレるかもタイム”」が発動され、今度は「ストライク以外なら大声で相手の名前を呼ぶ」という指令です。「松本潤」は惜しくも「8ピン」しか倒すことができず、「二宮!にのみや」と力なくつぶやきます。両側に一般客がいたため当然「バレ、隣のレーン」にいた「男性グループ」に声をかけられてしまうことになりました。その時点で「プレー終了」となってしまいましたが、「二宮和也」は「プライベート」と言いつつ、男性たちの握手に応え、「松本潤」も「ちわ」と挨拶するなどの神対応でした。とはいえ肝心の「ゲーム」は、最終的には「芸人ペア」が最後まで「バレ」ることなく逆転し、「嵐チーム」は「2位」に終わりました。

惜しくも「1位」を獲ることはできませんでしたが、この日の放送に視聴者からは、「「松潤とプライベートでボウリングしてる」アピールするニノが可愛すぎた! 本当のプライベートを想像しちゃう」「ボウリングで嵐に遭遇したすぎる!!」「スタジオのゲームも面白いけど、外に出るといつにも増してアクティブで楽しかったな」といった声が集まっていました。

一般客に「バレ」ても神対応している「二宮和也&松本潤」には「ファン」でなくとも嬉しいですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。