大野智★松本潤の楽屋模様を暴露★口癖はつうか、なんでマネージャーいないわけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大野智★松本潤の楽屋模様を暴露★口癖はつうか、なんでマネージャーいないわけ」の事をお伝えしたいと思います。

「7月28日」放送の「嵐にしやがれ」「日本テレビ系」では、「ゲスト」に「笑点」の「メンバー」と俳優の「竹内涼真」が登場しました。




国民的人気番組「笑点」の歴史をひもとく「笑点記念館」の「コーナー」では、「林家木久翁、三遊亭好楽、三遊亭小遊三、三遊亭円楽、春風亭昇太、林家たい平、山田隆夫」という「笑点」「メンバー」が出演しました。「笑点」は、「1966年5月15日」の放送開始から「52年」がたち、放送回数は「2,622回」を突破しました。そんな国民的番組の名前の由来について、笑いの「ポイント」という意味と、同年に発売され「大ベストセラー」となった「三浦綾子」の小説「氷点」「朝日新聞社出版」をもじったという「2つ」の説があることが明らかになりました。

今回は、進行役を「春風亭昇太」として、即興大喜利の「あいうえお作文」を「嵐」も披露することになりました。最初のお題は「あらし」です。「櫻井翔」の作品は「相葉くん、ライオンと、しゃべってる」、「相葉雅紀」の作品は「相葉くん、ライブ中にテンション上がりすぎて、失敗する」、「二宮和也」の作品は「あの人の、落語はすごいよ、昇太師匠」と披露します。この「二宮和也」の作品に「春風亭昇太」は気分を良くしたのか、「座布団2枚あげて」と「二宮和也」は座布団「2枚」を獲得します。ですが、次に「大野智」が「あの人の、落語はすごいね、昇太いや円楽師匠」と発表すると、「春風亭昇太」は気分を悪くしたのか「1枚持っていって」と指示します。「大野智」は座布団なしの状態となってしまいました。

続いてのお題は「まなつ」です。「松本潤」は「メンバーにお願いです」と最初に言い、「松本です、夏生まれです、つまり誕生日プレゼント待ってます」と発表します。座布団「1枚」を獲得しました。次に、「大野智」は「よく聞く言葉」と前振りをして「松本潤から、何度も聞く言葉、つうか何で楽屋にマネジャー1人もいないわけ?」と作品を発表します。これには、「嵐メンバー、笑点メンバー、会場」のお客さんまでもが大爆笑しました。「松本潤」本人も「言うわ、言うわ」と笑顔で応えていました。




続いては、「松本潤」が男性芸能人とさまざまな「テーマ」で「3番勝負」をする「This is MJ〜男と男のスマート対決〜」の「コーナー」です。今回の挑戦者は、俳優の「竹内涼真」です。若手俳優が参戦すると息巻く「松本潤」は、「竹内涼真」のことを「「TBS系ドラマ「ブラックペアン」の印象で」ニノにずっと泣かされていた小僧っていうイメージがあります。だから、やってやりますよ。ボッコボコにしてやりますよ」と「コメント」します。それに対して、「竹内涼真」は「せっかくなんで、仲良くならせていただいて帰りたいです」と大人の対応をしました。

「スポーツ3番勝負」の「1回戦」は「80km/hセンタリング」です。「センタリング」された「サッカーボール」を「ゴール」に「シュート」するという「ゲーム」です。これは、「元サッカー経験」のある「竹内涼真」が勝利します。「2回戦」は「カウボーイ対決」です。長い「ムチ」を使って「4個」の風船を割り、その「タイム」を競い合うという「ゲーム」です。「ムチ」使いは難しいといわれていますが、「松本潤」は意外にも「ムチ」の「センス」を見せ、記録「19秒」で勝利します。一方、「竹内涼真」はどうしても風船が「1個」割れずに足で割ってしまい失格となりました。最終決戦は、「アーチェリー」です。「10m」先にある「リンゴ」を狙う「ゲーム」です。これは「松本潤」が驚異の集中力を見せて、「リンゴ」に矢を突きさし勝利します。「3番勝負」の結果は、「松本潤」の勝利となりました。

「松本潤」も「マネージャー」が居ないと不安になったり「イライラ」したりするんでしょうか。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。