二宮和也★相葉雅紀のオカルト研究会★UFOに失礼・ピシャリとダメ出し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也★相葉雅紀のオカルト研究会★UFOに失礼・ピシャリとダメ出し」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「BAY STORM」「bayFM」が「7月29日」に放送されました。毎回「リスナー」から寄せられたさまざまな「メッセージ」を「二宮和也」が読み上げ、そこに書かれた質問などに答えていく番組です。今回も多くの「メッセージ」が読み上げられました。




そんな中、ある「リスナー」から寄せられたのは、「6~7月」にかけて行われた「イベント」「嵐のワクワク学校 2018~毎日がもっと輝く5つの部活~」の話題になりました。「イベント」では「部活」を「テーマ」に「メンバー」それぞれが異なる「ジャンル」で部長を務め、「二宮和也」は「探検部」を担当しました。その「リスナー」は、「UFO」を呼ぶ儀式を行った「相葉雅紀」担当の「オカルト研究会」を楽しんだそうで、「帰りにUFOがいるかもしれないから空を見てね」と「相葉雅紀」が話していたと振り返りました。そして「UFOはいませんでしたが、ニノは空を見ましたか?」と、「二宮和也」へ質問します。

「二宮和也」はこれに「でも、あれいつも思うんですけど、呼んだ先に何かがないと失礼ですよね、宇宙人にもUFOにも」と冷静に判断します。何の目的もなく呼ばれていることに勘付いて、近づいてこないのではと分析していました。また、「UFO」を呼ぶ際は「違う惑星に行く、地球に戻って来られないって覚悟を決めないと」と、覚悟を持たなければならないといい、「向こうさんだって燃料の問題だってあるだろうし、タダじゃないんだから。ね?そうでしょ?」と「コメント」しました。「UFOの中、見してくださいってだけじゃ納得しないな、俺なら。宇宙人にやっぱり、利益がないと。俺が宇宙人なら出ていかないもんな」と、自らが宇宙人になったという設定で熱く宇宙について語っていました。




その後取り上げられたのは、雑誌「non-no」「集英社」で「嵐」が連載する「アラシブンノニ」の話題になります。「2018年8月号」では、「二宮和也」と「相葉雅紀」が「バッティングセンター」で「バッティング」と「ピッチング」をしており、「ジャニーズJr.時代」はよく通っていたなどの「エピソード」も紹介されていましたが、「二宮和也」はこの裏話として、「昔はバッティングセンターに行ったとき、1回何百円もしてお金がいくらあっても足りない。20球は少ないなと思ってた」が、今は「10球」で満足していると告白します。昔は野球少年でしたが、「もともと打つより守るほうが好き」で、「ホームランみたいな看板あるんだけど、あんなの5球ぐらい狙ってるの。あとは惰性で振ってる。後半10球は見てるだけ」と「バッティングセンター」の贅沢な楽しみ方を明かしたのでした。

また、「当たっても体力いるし、当たらなくても体力いるし。体力いるんだって、ああいうの」とも嘆き、「Aボタンで振ってくれる方が楽」と「ゲーマー」らしい「ボヤ」きも聞かれました。本当の野球では絶対しない盗塁も、「ゲーム」ではやるそうで、「リアルスポーツ」に対しては、「アイドリングしないと無理。絶対無理だね。絶対無理。うん」と体力の衰えの「エピソード」を惜しげもなく披露していたのでした。

宇宙人寄りの考え方を語り出すとは「二宮和也」らしい冷静な回答に納得しますよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。