相葉雅紀★風邪の時しか出てこない★メロン大興奮★相葉家の習慣にほっこり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「相葉雅紀★風邪の時しか出てこない★メロン大興奮★相葉家の習慣にほっこり」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の「相葉雅紀」が、番組を通して日本の文化や食材を学んでいく「バラエティー番組」「相葉マナブ」「テレビ朝日系」です。「7月29日」は「相葉雅紀、アンジャッシュ・渡部建、ハライチ・澤部佑」の「3人」で「国内メロン生産量1位」の茨城県鉾田市を訪れ、さまざまな「メロン料理」を堪能しました。

「メロン農家」を訪れた「相葉雅紀」たちは、「メロン色」の「ハサミ」まで用意し収穫する気満々です。糖度の高さが自慢だという「メロディーグリーン」という品種の「メロン」を収穫した「相葉雅紀」は、さっそく糖度計で測ってみることにします。その結果は、一般的な「メロン」の「糖度14度」を超える「15.4度」でした。これを見た「相葉雅紀」は「すごいね!」と驚きつつ「でもどうする?もったいなくない?これ切っちゃったの」と、糖度を測るために真っ二つに切った「メロン」の心配もしている模様です。ですが農家の方に「いや、ぜひ食べていただいて」と言われると、「相葉雅紀」は両手を上に突き出し大喜びしました。




そこで種をきれいに取り除いて食べる準備をする「3人」でしたが、「相葉雅紀」は「メロンなんてさぁ、俺風邪ひいたときにしか出てこなかったよ」と相葉家の習慣を口にする場面もありました。「やっぱりね、高価なものですもんね」「澤部」、「庶民派な相葉家はね」「渡部」と「2人」が言うと、「相葉雅紀」は「こんな日がくるなんて! お母ちゃん見てるか?」と喜びを噛みしめつつも相葉母に「アピール」していたのでした。

これには「ファン」も「熱を出したときしかメロンは食べられなかった庶民派な相葉家 メモりました」「相葉家でもメロンはなかなか食べられなく貴重だったと知りほっこりしました」「庶民の相葉家のくだり、かわいすぎ」「風邪ひいた時に相葉家には出てたのね」と反応しました。相葉家の感覚に共感する人が多かったようです。

また、「特注マシン」を使った「メロンバウムクーヘン」作りでは、「マシン」の横で「バウムクーヘン」の棒を回すだけの役割を任されてしまった「渡部佑」を見つけて、「相葉雅紀」は「退屈そう」と大爆笑します。一方、生地で層を作っていく担当の「相葉雅紀」はすぐに「コツ」を掴んだようで、地道に「1時間9回」もの作業を続けていました。ちなみに「澤部佑」は、垂れてきた生地をかき集める担当でした。




最後は「いやいいね~。そう、3人力を合わせて!」という「渡部建」の声に「いつもそうやってきたじゃないか!」と返答し、「相葉雅紀」はいい「チームワーク」であることを強調しました。

今回は「プロ」の「シェフ」も登場し、「まるごとメロンのクリームソーダ」「メロンサンド」「丸ごとメロンのゼリー」「メロンバウムクーヘン」などの「スイーツ」をたくさん作っていた「相葉雅紀」でした。それだけに「ファン」からは「メロンサンドイッチ食べたい」「メロンのバウムは買います」「相葉マナブのメロンクリームソーダめちゃくちゃおいしそ~!」「明日メロン買ってこよう」という声も相次ぐこととなりました。

「ジャニーズアイドル」も「メロン」はやはり高価な食べ物だったんですね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。