大倉忠義★ステージで無意識に体が動いちゃう★安田章大の現状明かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「大倉忠義★ステージで無意識に体が動いちゃう★安田章大の現状明かす」の事をお伝えしたいと思います。

「7月15日」に初日を迎えた「ツアー」「KANJANI’S EIGHTERTAINMENT GR8EST」から、「6人体制」が始動した「関ジャニ∞」です。脳腫瘍の摘出手術を行った「安田章大」の体調面に心配の声が出る中、「メンバー」の「大倉忠義」は「ステージ」に臨む「安田章大」の本音を明かしました。

「メインボーカル」の「渋谷すばる」が脱退し、「今ツアー」をもって「“6人の関ジャニ∞”」が「スタート」しました。その一方、「ツアー」が始まる前の「7月2日」には、「安田章大」が昨年「2月上旬」に「髄膜腫」と呼ばれる良性の脳腫瘍の摘出手術を受けていたことを公表しました。また、「ジャニーズ事務所」は「手術後の経過は良好」としながらも、今年「4月」に立ちくらみが原因で転倒し、背中と腰に「全治3カ月」の骨折を負ったと発表しました。骨折は完治に至っていないため、「同ツアー」は「今の安田にできる最大限のパフォーマンス」になると、「ファン」に理解を求めました。

そして「ツアー初日、札幌ドーム」で行われた公演で、激しい「ダンス」こそ見せなかったものの、歌や「ギター演奏」などを披露したという「安田章大」です。そして「21日、ナゴヤドーム公演」を終えた同日夜、「大倉忠義」が「ラジオ」「オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと高橋くん」「ニッポン放送」で「安田章大」の現状を報告しました。




番組の相棒を務める「シンガーソングライター・高橋優」に「安田くんは、お元気にされてますか?」と問われた「大倉忠義」は「ヤス元気やし。まぁ、無理せずに」と答えた上で、札幌公演は乗り切ったが、名古屋は「3日間公演」が続くため、「もしホンマに自分が見て」「安田章大」が無理そうであれば、「リハーサル」でも出番を減らす、と「独断ですけども、会社の人にも」そう伝えたといいます。

「でも、1回ね、札幌で全部出てるっていうのもあるから、ヤス自体は「自分は全部出たい」と「言った」」

参加の意欲はある「安田章大」ですが、「札幌は自分ができる全力で一応やってみたけど、これを3日間っていうと、ちょっと自分にもわからないレベル」だとも話していたようです。「大倉忠義」は「もう立ってるだけでいいと思うんですよ。お客さんには申し訳ないかもしれないけど」と胸中を打ち明け、「俺はやっぱり「安田の」体調第一に考えますから。メンバーとしてね、友達として。なので、立ってるだけでホンマに。「あなたの笑顔が見られるだけで、みんな安心してくれるから」と。普通だったらね、ステージに立てるような状況じゃないから」と、あくまで体を最優先に考えてほしい旨を伝えたようです。

こうした「アドバイス」を送った結果、「コンサート中」に当人は「楽しそう」にしていたといい、「「笑顔だけ見られるだけで俺はいい」と。僕は「安田の」いちファンとして言うてますけど」「それで、もし文句言われたら というか、「もっとできるだけやってよ」っていう人がいたら、「それはもう全員で背負っていくよ」という感じなので」と、決意を語ったのでした。




そして、「安田章大」は「21~23日」の「ナゴヤドーム公演」を無事に完走しました。「28日」の「同ラジオ」で、再び「高橋優」が「大丈夫でしたか?「安田について」「途中でステージを引きずり降ろす」みたいなこと、「もしダメだったら」とか言ってましたけど」と話を振ると、

「ちょっと引きずり降ろそうかなって思う瞬間はありましたけど。いやでもやっぱさ、これだけね、20年間ステージに出てると、無意識のうちに体が動いちゃうみたいなんですよね。毎日のように。「やりすぎや」って言ってたけど、「ちゃうねん大倉~、無意識やねん~」って。そう言われると、「そっかぁ~、でも無理せんようになぁ~」としか言われへん」

と、「安田章大」の「モノマネ」をしながら元気な様子をお知らせしました。「高橋優」が「安田くんも3days終わった後、ちょっと休めてるんですかね?」と聞いた際にも、「休めてると思いますよ」「大倉」と返し、次の大阪公演まで「約1カ月」空くため、「もう一回、ふんどし締め直して」と、新たな気持ちで「ステージ」に向かうと宣言していました。

「コンサート」に参加した「ファン」の「レポート」によると、「21日」の公演では、「MC中」に「大倉忠義」や「村上信五」らが「安田章大」を気遣う一幕があり、着替えとともに一足先に舞台裏に捌けたといいます。「23日」は「安田章大」が挨拶の段階で涙を流しており、「大倉忠義」も感極まって歌えない場面があったようです。「大倉忠義」が言及した通り、「渋谷すばる」の抜けた穴や「安田章大」の体調面など、批判も含めて「メンバー」は立ち向かう覚悟を決めているのでしょう。「9月」の「ツアー終了日」まで、「6人」揃って悔いのない「パフォーマンス」を披露してほしいものですね。

これだけ「メンバー」の結束力を知れば「ファン」も「安田章大」の「パフォーマンス」には何も言えないでしょうね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。