三宅健★THE MUSIC DAY★岸優太へ本番直前に送ったアドバイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「三宅健★THE MUSIC DAY★岸優太へ本番直前に送ったアドバイス」の事をお伝えしたいと思います。

「V6」の「三宅健」が「パーソナリティ」を務める「三宅健のラヂオ」「bayfm」です。「7月30日」深夜の放送回は、「7日」に放送された「THE MUSIC DAY」「日本テレビ系」の裏話を語りました。

「THE MUSIC DAY」の「“ジャニーズ平成30年間メドレー”」で、「Kis-My-Ft2」の「Everybody Go」を、「関ジャニ∞」の「丸山隆平、NEWSの小山慶一郎、ジャニーズWEST」の「濱田崇裕、SexyZone」の「松島聡」と一緒に歌った「三宅建」でした。「リスナー」からの「すごく練習したであろう振りを間違える健くんが、愛おしくてたまりませんでした。よろしければ、「THE MUSIC DAY」の裏話を聞かせてください」という「メール」に対し、「三宅建」は「バレてんじゃん。ギリギリまで小山、丸山、濱田くん、松島くんと僕の5人で円になって、ずっと練習してたんですけど。丸山は本番、最高の笑顔で歌い始めて、最高のキメ顔してたらイントロの入りを間違えちゃうし、僕も途中で掴めチャンスっていうところを2回ぐらい「“掴め掴め”」みたいなことになっちゃったりして」と、振り付けを間違えたことを告白しました。




また、「男闘呼組」の「TIME ZONE」を歌った「V6・岡田准一、KAT-TUN・亀梨和也」らを「リハーサル」から見ていたという「三宅建」は、「亀梨が1人だけ寝そべってセクシーな感じで歌ってたのを、楽屋のモニターで「ああいう感じでやるんだ」って見てたわけ。そしたら、本番になったら岡田が絡みだして、胸をまさぐってシャツをバーンってはだけさせて、もうカオスだね。ヤツは何をしたいんだろうね」と、「岡田准一」に「ツッコミ」ながら、「亀梨和也」と「岡田准一」の「セクシー」な演出の裏話を披露しました。

さらに、「“ジャニーズ平成30年間メドレー”」の中で一番良かった曲は、「King&Prince」の「シンデレラガール」だったと語り、「もうすべての曲の中で持ってくんだな〜って思いましたね」と「ベタ褒め」でした。

「リハーサルも何回もしますから、見てたんですけど、岸「優太」がやっぱり緊張してるから顔が硬くて、すごい素敵な歌なのに顔がカチコチだからさ。一応「ジャニーズアイランド」に出た時に、永瀬廉くんと、高橋海人、平野「紫耀」くん、この3人は会ったことがあって、その時くらいしか面識はないんですけど。あとはやっぱりドラマ見てたから、平野くんに関しては他人事じゃない気がしてきて」




と、「スタンバイ」する「King&Prince」の隣にいたことを語り、「変な親心みたいなやつが出てきちゃって、ガンバレガンバレ!行け!頑張るんだ!! と思って応援してたんですよ。だからもう本番直前だったんで、岸のところに行って、「ちゃんと笑えよ。笑って歌えよ。お前の顔が強張ってるから、笑って歌うんだぞ」って言ったら、「はい!笑います笑います」とかって言って」と、緊張する「岸優太」に笑顔の「アドバイス」したことも告白しました。

また、「King&Prince」の「パフォーマンス」の感想を、「いや〜良かったな。行け!羽ばたけ!キンプリ!みたいな感じで見てましたよ。感動しちゃったもん。またこれで、ひとつ新しい時代が始まるんだみたいなことを思ったもん」と語り、ここで「ラジオスタッフ」が「インカムマイク」で何かを言った模様です。すると「三宅建」は「え?何が?だって俺はひと世代終えた人たちだからさ。俺たちは」と、次世代を応援する姿勢を見せていました。

「SNS上」では「健くん、ラジオでキンプリのことたくさん話してくれてる親心泣ける」「「THE MUSIC DAY」裏話が最高すぎて泣ける。先輩方に見守られながら自分たちのデビュー曲披露するなんて、そら緊張するしカチコチになるよね。岸くん」「健ちゃん、ほんと数年前まで後輩と絡むタイプじゃなかったのに、ホント胸熱」と「キンプリファン」からも感想が寄せられていました。

「ジャニーズアイドル」も世代交代があり先輩から後輩へ愛情ある「アドバイス」を送られるのは幸せなことですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。