永瀬廉★大したもん&根性ある★イタリア人に感心された言動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「永瀬廉★大したもん&根性ある★イタリア人に感心された言動」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」で「King&Prince」の「冠コーナー」の「セカンドシーズン」として始まった「弟子入り~DESHIIRI」です。本物の「エンターテイナー」を目指す「6人」が師匠から熱い教えを受ける企画ですが、「7月30日」から「8月3日」までの「第4弾」では「永瀬廉」が「“ピザ職人”」に弟子入りしました。

炎天下の中、「ロケ現場」を訪れた「永瀬廉」は「お店?ということはグルメレポーター的な?」と、まだなんの弟子入りか知らない様子です。さっそくお店に入ると、出迎えてくれたのは「ボンジョルノ~「こんにちは」」と「イタリア人スタッフ」でした。過去には、「同コーナー」で個性の強い「インド人」が経営する「インド人従業員」のみの「カレー店」を訪れた「永瀬廉」です。さっそく、「カレー店経営者」に言われた「お店のスタッフは、みんなVISAを取得済みという情報を盛り込むべき!」との「アドバイス」を踏まえたのか、「VISAって持ってます?」と質問します。ですが「イタリア人スタッフ」は「PIZZA!」と返答します。




ということで、「本場ナポリ」の「ピザ作り」に挑戦することになった「永瀬廉」ですが、「“ビザ”」と「“ピザ”」の「ダジャレ」を期待されて今回選ばれたのでしょうか。

ともあれ、最初の仕事は「ピザ窯」に必要な薪運びです。「2束」で「20キロ」もある薪を「情熱の心を燃やすための薪と思えば」と、顔を真っ赤にして汗だくになりながら、弱音も吐かずに「12束」運び終えた「永瀬廉」でした。そんな姿を見たお店の「スタッフ」たちが「イタリア語」で「あいつ若いのになかなか根性あるなぁ」「大したもんですね」と感心する様子も見られました。

そしてようやく「ピザ作り」に挑戦します。見よう見まねで作った「ピザ」はなかなかの出来栄えに見えましたが、師匠が作ったものと比べると、ところどころ生地が膨れていたり焦げていたりと、その差は歴然です。そこで一番大事だという「生地の伸ばし方」を教えてもらい、練習には「タオル」を使用しました。

休憩時間も練習についやすほど熱中していた「永瀬廉」でしたが、ふと師匠を見ると「へへへっ「笑」ウソでしょ~!?」と言ってしまうほどの「超絶テクニック」で、「ピザ生地」を「クルクル」と回している姿がありました。こうやって師匠も「25年間」練習を重ねているのだそうです。




そんな「永瀬廉」に与えられた最終試験は、「本場イタリア人が納得するピザを振る舞う」というものです。完全に「1人」で作るという試験に「落ち着け~、落ち着け~」「スピード、スピード」と自分に言い聞かせながら慎重に生地を伸ばしていく「永瀬廉」です。途中、「オリーブオイル」をかけ忘れるという「ハプニング」もありましたが、その表情はとにかく真剣です。完成した「ピザ」を緊張の面持ちで「ど、どうですか?」と「イタリア人スタッフ」たちに試食してもらうと、全員「Buono!「おいしい」」と合格点です。あまり料理の「イメージ」がない「永瀬廉」なだけに、「マジっすか!」と大喜びでした。

真剣に「ピザ作り」に取り組む「永瀬廉」の姿に「惚れ直したのは言うまでもない」「廉ちゃんの真剣な表情にキュンキュンする」「この真剣な表情もばりカッコいい」と、真剣な姿に「キュン」とした「ファン」は多かったようです。

ところで、こんなに「イケメン」の「ピザ職人」には、どこに行ったら出会えるのでしょうか。

短時間で「イタリア人スタッフ」を満足させて「永瀬廉」は「ジャニーズアイドル」との「二足」の草鞋で生きていけますよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。