二宮和也★怪談企画★小薮千豊に指摘された★嵐の集合写真に現れる怪奇現象

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也★怪談企画★小薮千豊に指摘された★嵐の集合写真に現れる怪奇現象」の事をお伝えしたいと思います。

「8月5日」放送の「嵐・二宮和也」の「冠バラエティー」「ニノさん」「日本テレビ系」は、先週に引き続き、ありきたりな怪談話ではなく、「アップデート」された新感覚の怖い話「平成アプデ怪談」を最強怪談師が披露しました。

まずは、「ミュージシャン」である「Half-Life」の「上里洋志」が登場しました。「上里洋志」は沖縄県出身で、死者の声を代弁する「イタコ的存在」の祖母を持ち、小さい頃から幽霊が見えていたといいます。そんな「上里洋志」が話すのは、沖縄の奇祭で起こった「ご当地怪談」です。




「これは沖縄のある地域の奇祭に関しての話です。そのお祭りの内容は、その地域に住んでいる足の速い男性3人をチョイスして 「“なまはげ”」のような怖い格好をさせて、祭りにきている人たちを追いかけ回すと。その追いかけ回された時に、厄除けの印を押されると1年間健康に過ごせますよっていうお祭りで。何年かに1回、3人の男性とは別に全身を真っ白に塗りたくられたような人がいたんですね。僕は「“白いおじさん”」って呼んでたんですけど」と話し始める「上里洋志」です。

「ある年のお祭りの前日に、友達と先輩と集まって「“白いおじさん”」の話をしていたら、ある1人の先輩が「あれは見えたらいかんやつらしい」と話してて。で、翌日のお祭りで、早々に厄除けの印を押されちゃったんですよ。僕。そしたら向こう側から「“白いおじさん”」がボッと出てきたんですよ。それで僕の横を通る時に、ブツブツと低い声で「マズムヌ、マズムヌ」って言ってたんですよ。「怖っ」と思って。でも、見つけたらから先輩に知らせたら、先輩は「じゃ俺、見てくるわ」って見に行って。そこから先輩が行方不明になって、3日くらい探しても見つからなくて。そしたらとんでもない所で見つかって。その場所っていうのが、かつてその沖縄の地域を作ったと言われる古代人が埋葬されていたであろう遺跡の中で。1人で棒立ちのところを発見されて、生きてはいたんですけど、自分が何者かもわからない状態で。そこから僕も怖くなっちゃって、その先輩とは長いこと会ってなかったんですけど、数年たったくらいに、街で夜中にたまたま遭遇して」と語ると、「二宮和也」は「上里洋志」の顔をじっと見ながら相槌を打ちます。

「で、僕と目が合った瞬間に、バッと目を見開いて「マズムヌ!」って言ったんですよ。僕に向かって」と言うと、会場から「えー」という悲鳴が上がります。「上里洋志」いわく、この「マズムヌ」というのは、沖縄の方言で「バケモノ」という意味で、古代人からしたら現代人の僕らがバケモノに見えていたのかもしれないと語りました。ですが、なぜ「上里洋志」が大丈夫だったのか?という疑問に、「上里洋志」は「お祭りの最初で厄除けの印を押されたからだ」と祖母から言われたと告白します。沖縄のご当地怪談に、「スタジオ」は凍りつきました。




また、「地下アイドル・rainy Melt」の怖い話は、「アイドルってチェキを撮影するんですけど、同じ日に同じ場所で同じ人が撮ってるはずなのに、チェキが絶対真っ黒になる人がいて」と告白します。「フィルム」を換えても、あるお客さんの時だけ真っ黒になる怪談を披露しました。この話を受けた「ゲスト」の「小藪千豊」は「二宮和也」に、「「嵐も」グループ内で写真よく撮られるじゃないですか。大丈夫ですか?」と問うと、「二宮和也」は「全然ないな」と返答しました。

すると「小藪千豊」は「僕、最近、嵐さんの写真パッて見た時、大野「智」さんだけが顔黒くなっていたんです。大丈夫ですか?」と言うと、「二宮和也」と会場が大爆笑しました。「二宮和也」は「あれね。シーズンです」と、夏になると黒くなるという「大野智」の生態を説明したのでした。

「小薮千豊」の「ジョーク」を「二宮和也」が「ジョーク」で返すところはさすがですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。