丸山隆平★正直僕も余裕なかった★松岡昌宏に渋谷すばる脱退後★本音吐露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「丸山隆平★正直僕も余裕なかった★松岡昌宏に渋谷すばる脱退後★本音吐露」の事をお伝えしたいと思います。

「8月6日」放送の「関ジャニ∞」の冠番組「ペコジャニ∞!」「TBS系」に「TOKIO」の「松岡昌宏」が「ゲスト出演」しました。「丸山隆平」の「熱血!ペコジャニ∞グルメクラブ」に登場し、今の「関ジャニ∞」や年内で「グループ」を脱退する「渋谷すばる」について言及しました。「丸山隆平」も現在開催中の初めての「6人体制」での「5大ドームツアー」「GR8EST」での「札幌・名古屋ツアー」を振り返り、本音を語りました。

「松岡昌宏」が「丸山隆平」を連れて向かったのは、実際に通っているという「セルフシステム」の立ち飲み居酒屋です。「丸山隆平」と「松岡昌宏」の「居酒屋トーク」というだけで「ファン」にはたまらないのですが、「テレビ」を忘れて語り合う様子はまさに「いつもこんな感じで飲んでるのかな?」と「プライベート」を想像させるには十分でした。




お酒が進んでいく中で、「松岡昌宏」から「グループのさ、いろいろあるじゃん。今まで見えてなかったことが見えてきたりとかさ」と聞かれた「丸山隆平」は、「それこそ、すばる君が出ていって6人になって。ライブをまず札幌から始まって。それぞれ思ってるけど、極力出さないように本番に挑むんですけど。札幌は正直、僕も余裕がなかったんでメンバーがどんな表情をしてるとかは、見れなかったし」と話します。

「でも、名古屋3日間は、ちょっとずつメンバーの顔が見れるようになってきて。みんないい顔してましたね。もちろん応援してくれるファンのみんなに安心してもらおう、ってのもあるかもしれんけど。あと、自分たちも何回かやっていく中で整理がついてきて、ちょっとずつ飲み込んでいく。こういう姿を見せることが、ファンに対しての誠意なんじゃないかってことで」と「6人体制」の「ライブ」について本音を語りました。

次に訪れた「セルフ焼肉屋」では、「松岡昌宏」が「出方が俺らと被ったからな」と話しだすと、「丸山隆平」は「ジャニーズはデビュー1位じゃなきゃダメっていう、そういうのあるじゃないですか。それこそ、大阪城ホールでTOKIOさんの「「デビュー曲1位という」伝統的なこともあったけど、僕らはそうじゃなかった。でも、やっとこの曲で1位になることができました」って聞いて、僕ら勇気もらったんです。僕らもデビューが1位じゃなかったし、セカンド、サードシングルもそうでなかったから」と言い、「TOKIO」も「関ジャニ∞」ともに「デビュー曲」が「1位」ではなかったのですが、「1位」をとった時に応援してくれた「ファン」と喜びあえたことがよかったと語りました。




また「松岡昌宏」は、「関ジャニ∞を見てて面白いと思うのは、みんなそれぞれの意見があって、キャラがあって。うちもそうなんだけど。一番いいのは、上2人が村上「信五」と横「山裕」でしょ?村上とヨコのキャラが違うからだよね」と「関ジャニ∞」を分析しました。「両極端ですね。だから、2人で話してると夫婦漫才みたいになるんです」という「丸山隆平」に、「だからいいんだと思う。上があんまり言いすぎると、下がつらいじゃん」と話していました。

そして最後には「もちろん音楽性なんてみんな違うんだよ。そんなことをぐずぐず言ってたら、グループなんてやってけないのよ。好きなことを好きなだけやりたい、っていうんだったら好きなことをすればいい。すばるが成功して、お前たちが成功するってのが、絶対面白いし」と熱く語り、それを穏やかな表情で聞いている「丸山隆平」が印象的でした。

「丸山隆平」の本音を引き出してくれた「松岡昌宏」に感謝する声も多く上がっていた今回の放送です。さすが「ジャニーズ」の兄貴分ですよね。

「両グループ」とも「デビュー」で「1位」を獲れなかったことが「バネ」になり今や「人気グループ」に生まれ変わって「ジャニーズ」を支えているのが「ファン」としては嬉しいですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。