櫻井翔★ジャニーズ公認★小川彩佳アナ&破局報道★女子大生に乗り換え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「櫻井翔★ジャニーズ公認★小川彩佳アナ&破局報道★女子大生に乗り換え」の事をお伝えしたいと思います。

交際が伝えられていた「嵐・櫻井翔」と「テレビ朝日・小川彩佳アナウンサー」が、人知れず破局していたことを、「8月8日」発売の「週刊文春」「文藝春秋」が「スクープ」することがわかりました。「7日」、先駆けて同誌の「ウェブサイト」「文春オンライン」では、「櫻井翔」が「21歳」の女子大生と「逢瀬を重ねている」とする記事が配信され、早くも「ファン」からは悲鳴が上がっていますが、「メディア関係者」は「ジャニーズサイド」の対応に注目しているようです。

両者の交際は、昨年「2月」に「週刊ポスト」「小学館」「スクープ」で発覚しました。「現役ジャニーズ」と「女子アナ」の交際というだけでも衝撃度は高かったのですが、それ以上に「ジャニーズサイド」の「“出方”」には、「マスコミ関係者」から驚きの声が上がっていたといいます。




「他メディア」の後追い報道に、まさかの「OK」が出たようです。週刊誌の熱愛報道を「ジャニーズ」が容認すること自体が異例中の異例で、それだけ交際の真剣さ、また「相手が小川アナだから」という、打算的な部分も感じられました。また、「ジャニーズサイド」だけでなく、「テレ朝」も「親しい友人のお一人とうかがっております」と、交際を半ば認めるような「コメント」を出していました。こういった場合、「テレビ局」の回答は「局員のプライベートについてはお答えしておりません」と回答するのが「テンプレ化」しているだけに、こちらに関しても異例の対応だったといえるようです。

こうして異例づくしで「交際を認めた」「櫻井翔」でしたが、今回の「文春」記事では両者がすでに破局していること、さらには新恋人と目される女子大生についても、出会いから「デート」の詳細まで、「数ページ」にわたり詳報されています。

記事では「破局」が断言されており、「熱愛」と報じた「テレビ」や新聞としては、当然「破局」も伝えたいというのが本音のようです。ただ「文春」を読むと、「櫻井翔」は破局の直後に、女子大生に「“乗り換え”」しているように見えるだけに、果たして「ジャニーズサイド」はどう対応するのでしょうか。交際発覚時は後追いに許可を出して、破局を「スルー」では、かなり不自然になってしまいます。




なお、同誌では「櫻井翔」だけでなく、「二宮和也」と「伊藤綾子」の最新動向も「ガッツリ」と取材していますが、「この2人に関しては、元々後追いが一切許可されていない、いわば「“非公認カップル”」です。当然「ジャニーズ」に親しい「メディア」は、今回も「スルー」するでしょう。

「櫻井翔」と「小川彩佳アナウンサー」の関係は、「そもそも何もなかった」で終わってしまうのでしょうか。

「ファン」としては破局報道を歓迎する一方で新たに女子大生の影がちらつくのでは不安を拭いさることができませんよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。