神宮寺勇太★スラックライン★1回カメラ止めましょう★スタッフ大慌て

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「神宮寺勇太★弟子入り~DESHIIRI★1回カメラ止めましょう★スタッフ大慌て」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」で「King&Prince」の「冠コーナー」の「セカンドシーズン」として始まった「弟子入り~DESHIIRI」です。「第5弾」「8月6日~10日」は「神宮寺勇太」が「新感覚スポーツ」「“スラックライン”」に挑戦しました。

「スラックライン」とは、「“綱渡り”」のように細い「ロープ」の「ライン上」で「バランス」をとる「スポーツ」で、「ライン」の上で技の難易度を競う「トリック」や歩く距離を競う「ライン」という種目があります。「神宮寺勇太」は、この企画初の女性師匠である「初代女子日本チャンピオン・加藤木友香師匠」に弟子入りし、「バランス感覚」と集中力を身につけることになりました。




すると、さっそく「これに近い練習をしてたことがありまして」と自信をのぞかせる「神宮寺勇太」です。「小学校の頃、登下校中に白線から落ちたらワニに食われる!と思って「学校に」通ってたんで結構自信があるんですよね」と、「ボケ方」はまだ練習が必要なようです。

しかも「ライン」に乗ろうとした「神宮寺勇太」は「え?え?え?え?え?先生、先生。脚が震えてさ、ほら乗れないんだよ。だって。うわ、待って怖いよ~!怖~い。立てないよこれ全然」と「弱気モード全開」です。挙句の果てに、「ライン」に乗ってもないのに転び落ち、「スタッフ」を「ウソでしょ?」と呆れさせる始末です。

そこで、まずは低い位置で「ライン」に乗る練習から始めることに。「加藤木友香師匠」から「アドバイス」と「できるよ!You can do it!」という励ましをもらい、なんとか立てるようになったのですが、歩く練習では「あんまりふざけすぎると、こうやって「ラインに」ハジかれるので」と怒られる場面もありました。

次の、「ジャンプ」で「ライン」に飛び乗る練習では、一応できるようになり「びっくりした!難しすぎて」と喜ぶ「神宮寺勇太」に、再び師匠から「これは基礎です」という厳しい言葉をかけられ「基礎かぁ」とげんなりします。




その後は、「1日」で習得するには難しすぎる「バットバウンス」という技に挑戦することになったものの、師匠の言葉通り相当難しそうです。「サーカスの技やん」と嘆く「神宮寺勇太」は、やっぱり「ライン」から転げ落ちてしまい失敗します。そこで、今度は両脇で「サポート役」に手を握ってもらい挑戦するところから「スタート」します。「恐怖心がありますね。高いし」と恐怖心とも戦いながら何度も練習する「神宮寺勇太」でしたが、「ライン」から落ち、「痛い」と転倒します。「ちょっと1回カメラ止めましょうか」と、「スタッフ」も慌てる展開に、「足の裏がもう着地しすぎて「痛い」」と「神宮寺勇太」も限界の様子です。「スタッフ」の「できそう?」という声かけに、「結構きつい」と答えるほど、体力的にも精神的にも追い詰められているようです。

このまま「コーナー初のギブアップか!?」とも思われたのですが、「神宮寺勇太」は気を取り直して再挑戦します。「スタッフ」からも声援が送られる中、なんとか成功し無事「クリア」しました。やっとのことで課題を終え、安心する「神宮寺勇太」をよそに、「スタッフ」は師匠に「次は何の技でしたっけ?」と確認し、すっかり「イジ」られるようになった「神宮寺勇太」なのでした。

「神宮寺勇太」の弱った姿やうれしそうに「ガッツポーズ」する姿を「立てた!歩けた!」「やればできる神宮寺さん、さすが」「よく頑張りました」と、「ファン」は母親のように見守っていたようです。

今までは企画が成功していただけに今回の「スラックライン」は短期間で技を習得するには「ハードル」が高すぎたんでしょうね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。