小山慶一郎★every.キャスター復帰★コンサート結果次第★進退の判断材料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「小山慶一郎★every.キャスター復帰★コンサート結果次第★進退の判断材料」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS」の「15周年コンサート」が、「8月11日、12日」に「東京・味の素スタジアム」で行われます。「6月」には「小山慶一郎、加藤シゲアキ」の「“未成年飲酒騒動”」が勃発し、「小山慶一郎」は活動自粛と、「キャスター」を務める「news every.」「日本テレビ系」の出演見合わせ、「加藤シゲアキ」も厳重注意処分となりました。その後、「小山慶一郎」は活動を再開させましたが、いまだに「every.」での進退が明らかになっておらず、「一部」では秋に降板が発表されるとも言われているものの、実情は「いまだに結論が出ていない状態」「日テレ関係者」なのだといいます。

騒動は「5月下旬」、「ネット上」に「小山慶一郎」と「加藤シゲアキ」が参加する、飲み会の音声が流出したことが発端となっています。その後、「一部週刊誌」が当時未成年だった女性に取材を行い、「一緒に飲酒した」ことを認めたため、「ジャニーズ事務所」も対応に動きました。




「小山慶一郎」は「6月7日」放送の「every.」冒頭に生出演し、騒動を謝罪した上、活動自粛を発表しました。芸能活動の謹慎は、「約2週間」で解除されたものの、「キャスター継続可否」はいまだに発表されていません。

活動自粛時、実は「ジャニーズサイド」は「日テレ」に対して、「小山慶一郎」の降板を申し入れていたといいます。

いざ復帰するとなれば、それだけで世間からは反感を買ってしまうし、さらにはその後、「小山慶一郎」が私生活でちょっとした「ミス」をすれば、その度に「降板させろ」と炎上するのは目に見えています。「“キャスター”」の看板は、「小山慶一郎」にとっても「ジャニーズ」にとっても、簡単には捨てがたいものではあるものの、それにこだわることは現状得策でない、という判断だったようです。




「日テレ側」も、「小山慶一郎」の降板について了承していたものの、「一部」から反対の声が出たため、事態は膠着状態になっているようです。

「小山慶一郎」と共に謝罪した「藤井貴彦アナウンサー」が、「逃げるよりも戦うべき」と周囲に訴えたんだそうです。放送でも「しっかりと反省をして自分を見つめ直してほしいと思います。そしてその先に見違えるほどの変化や成長を見せてもらいたい。それが私と私たちの切なる願いです」と、反省を促す「コメント」をしていました。そして「現場スタッフ」からも、実際に「小山慶一郎」の復帰に期待する声が出ていることから、「ジャニーズ」と「日テレ」は再度調整を行い、復帰か降板かの問題は、「本人の態度と世論を見て」判断することにしたようです。今回の「周年コンサート」も、「キャスター復帰」に関しての判断材料になるようです。

「NEWS」として、大きなしこりを残してしまった「15周年」ですが、「小山慶一郎」は「ファン」や事務所に加えて、「藤井貴彦アナウンサー」らの期待に応えるべく、また自らの責任を果たすためにも、いま置かれている状態に耐えなければならないでしょうね。

「ジャニーズ」と「日テレ」の思惑が今も見え隠れしているのが良く分かりますよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。