加藤シゲアキ★俺たちがマジョリティーと思っちゃいけない★LGBTQ理解を促す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「加藤シゲアキ★俺たちがマジョリティーと思っちゃいけない★LGBTQ理解を促す」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・小山慶一郎」と「加藤シゲアキ」が「MC」を務める「NEWSな2人」「TBS系」は、現代社会が抱えるさまざまな問題に切り込む「バラエティー番組」です。「8月10日」深夜の回は、先週に引き続き、「LGBT問題の今」「第4弾」を放送しました。

「LGBT」の支援に携わる「弁護士・原島有史先生」は、「今、海外ではLGBTではなくて、LGBTQっていうふうに「言います」。Qはクエスチョニング。自分が男性が好きなのか、女性が好きなのか、みんな好きなのか、もしくは誰も好きではないのか?自分のセクシャリティがまだわからない人」と、「アメリカ、カナダ、オランダ」などの「LGBT先進国」では、「LGBTQ」という言葉が一般的に使われていると語りました。

「スタジオ」には、この「Q」に含まれる「Xジェンダー」当事者の「YAGIちゃん」が登場します。「Xジェンダー」とは、「男性でも女性でもない無性」「男性であり女性である両性」「日によって男性女性が変わる不安性」など性別を特定できない人のことです。戸籍上は女性として生まれた「YAGIちゃん」は、中学生の頃から自分の性に違和感を持ち、「男性でも女性でもない無性」に当たると気づいたといいます。「加藤シゲアキ」が「じゃ恋愛対象は?」と質問すると「世界中のみんな」と返答します。すかさず「加藤シゲアキ」は「超PEACEじゃん!」と笑顔になります。ですが、そこには「Xジェンダー」ならではの苦しみもあるようです。




「私は無性なので、男女どちらの気持ちもわからないからつらい。なんで怒ってるんだろう?この人みたいな」と、無性ならではの悩みを吐露しました。

そんな中、「小山慶一郎」は別の「Xジェンダー」の人を取材します。戸籍上は男性として生まれた「藤原和希さん」は、恋愛対象は女性ですが、男性である自分の体に違和感があり、女性の体に近づけたいという願望があるといいます。

「女性ホルモン注射」をしていて、胸がでてきたり体が変わってきたので、男女の枠しかないというところに困っていて。半裸になる健康診断をどうしていこうかなと」と、今の悩みを告白します。

幼い頃から自分の体に違和感を感じてきたという「藤原和希さん」は、「1回」女性と結婚して子どももできたが徐々に自分が「Xジェンダー」であることを認識します。妻に相談しましたが理解を得られず離婚します。ですが、その後、同じ「Xジェンダー」で戸籍上は女性の「新しいパートナー・キョウさん」と結婚します。「藤原和希さん」の履く「スカート」を一緒に選ぶなど仲睦まじい様子です。




「Xジェンダー」の「2人」が社会に訴えたいこととして、「婚姻届を出す時に、夫になる人と妻になる人の欄があって。同性パートナーシップも男と男、女と女と性別ありきなので。名前を書く欄があればよくて男女欄とかなくてもいいんじゃないかなと思います」「男らしさとか女らしさを押し付けない社会になってほしいですね」と発言します。

「小山慶一郎」は「当たり前にどの申し込み用紙を書くにも、男か女ありますもんね。ああいう時ってどうするんですか?」と聞くと、「キョウさん」は「丸をつける前に、「身体的な性別は?」と自分の心の中で前置きをしてから、女に丸をつける」と胸の内を告白しました。

これに対して、「加藤シゲアキ」は「XジェンダーがLGBT以上に複雑でわかりにくいものではあると思うんですけど、ストレートサイドの俺たちがマジョリティーと思っちゃいけない。やっぱり、多い少ないじゃなくて、互いにそういうのあるんだと知るだけでも、ちょっと変わるんじゃないかなと思って」と語り、「LGBTQ」への理解を促しました。

「SNS上」では、「個性個性って口だけで心から受け入れる体制はできていないよな」「複雑すぎてよくわからんが、要は十人十色てことやろね」など、さまざまな声が集まっていました。

理論上は理解をしたい気持ちが伝わってきますが自分自身に起きていることではないので無責任な言動ができないのが現状ですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。