中島裕翔★DRUM TAO★練習期間3日★スケジュールに不満顔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「中島裕翔★DRUM TAO★練習期間3日★スケジュールに不満顔」の事をお伝えしたいと思います。

「8月11日」放送の「Hey!Say!JUMP」の冠番組「いただきハイジャンプ」「フジテレビ系」は、「和太鼓エンターテイメント集団」「DRUM TAO」に「中島裕翔」が潜入しました。「1秒間」で「12連打」するという「“超高速乱れ打ち”」に挑戦しました。

「DRUM TAO」とは、和太鼓を中心とした独創的な「パフォーマンス」で、「世界26カ国500都市」で「年約500回」を公演しています。観客動員数は「800万人」を超えた「和太鼓エンターテイメント集団」です。今回、「ドラム歴10年、Hey!Say!JUMP」の「ドラム担当」である「中島裕翔」は、「DRUM TAO」の「テスト」に合格すれば「ステージ」に立つことができ、不合格だと放送がお蔵入りになってしまうという企画に挑戦しました。

「3年前」に「24時間テレビ 愛は地球を救う」「日本テレビ系」で「DRUM TAO」と共演した「中島裕翔」は、当時「結構練習した」そうですが、ですが今回は「スケジュールもらったんだけど、あの短期間はナメてるでしょ!」と「スタッフ」に激怒します。実は「3日間」しか練習期間がなく、そのうち「1日」は「FNSうたの夏まつり」「フジテレビ系」の本番という厳しい「スケジュール」の中で挑戦しなければならないのでした。




まず、「DRUM TAO」の「ステージ」を見学した「中島裕翔」は、「これはスゴイよ。「叩くのが」速すぎ!」と大絶賛します。また「ステージ上」で立ち位置を確認する「バミリテープ」の数に「見て!バミリもたくさん!これ覚えられないよ。俺ら「JUMP」でもこんなバミリないよ!」と圧倒された様子です。

そんな中、座長である「西亜里沙さん」が「中島裕翔」に「テスト」を課します。「ステージ」の「トリ」を飾る重要な演目「ラインビート」で、「9人」で隊列を組んで演奏し、両隣の太鼓を乱れ打ちすることから、一瞬でも「タイミング」が「ズレ」ればバチ同士がぶつかってしまいます。さらに「1秒間」に「約12連打」の「“超高速乱れ打ち”」をするという難易度が高い「パフォーマンス」です。

「スケジュールあと2日しかないでしょ?1カ月ぐらいもらっていいですか?」と弱腰の「中島裕翔」です。「FNSうたの夏まつり」の楽屋でも練習していると、練習期間が「3日間」と知った「山田涼介」は「いたジャンって、どんどんちょっとバカになりつつある」と「コメント」します。

ですが、「中島裕翔」が練習を始めると「ドラム経験者」ということもあり、すぐに習得 かのように見えましたが、「基本がまだできてないから、格好だけになっちゃってるので。ひとり音が違うと雑音になっちゃうんですね」と指導を受け、「フォーメーション、叩き方、タイミング」など課題は山積みのようです。




そして、「テスト当日」となる最終日です。「中島裕翔」が「朝6時」に、呼び出された広場に行くと、団員たちが「トレーニング中」です。「毎回こんな朝早くからトレーニング開始するんですか?もうバカじゃないですか!ねみーよー」と愚痴を言うものの、「Hey!Say!JUMP」一真面目な性格の「中島裕翔」は、練習を繰り返します。

その後、見事「テストに合格」します。いよいよ「ステージ」へ上がることになり、両乳首が丸見えの露出度の高い「ステージ衣装」を着た「中島裕翔」が、激しい太鼓を打ち鳴らします。乱れ打ちや「1秒」に「12連打」の高速打ちも「クリア」して、大成功の「ステージ」となった かのように見えたのですが、「中島裕翔」は「ちょっと失敗した。人様のステージで間違えちゃったからもう悔しいね!」と、立ち位置の「ミス」があったことを告白します。

ですが座長からは「ナイスでした!」の言葉をもらい、「SNS上」でも「こういう努力してやりきるとことか最高に好き!」「限られた時間で、あそこまで素敵なパフォーマンスできるは、本当にさすがです!」など、感動した「ファン」の声が集まったのでした。

生真面目で努力家な「中島裕翔」だから成し遂げなれた結果でしょうね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。