村上信五★仕事に夢を持たなくなってきた&これ以上なんや?★胸中告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「村上信五★仕事に夢を持たなくなってきた&これ以上なんや?★胸中告白」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞・村上信五」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「村上信五の週刊!関ジャニ通信」「ABCラジオ」が「8月12日」深夜に放送されました。




この日の放送でも「リスナー」から寄せられた「メッセージ」を「村上信五」が読み上げ、話題を掘り下げていきましたが、その中の「1通」に「夢はなんですか?」という質問が届きました。「村上信五」はこれに対し「ある?夢」と「スタッフ」に聞き返し、「タワーマンションですかね」との返答に爆笑します。自身の夢については、「僕の中の定義なんですけど」としつつ、「叶いそうなやつは目標なんですよね。夢って、人が聞いたら「そんなん絶対無理やんけー」って、言われるようなやつが夢やと思うから」と、夢と目標を明確に区別していることを告白しました。

最近では、そういった質問をされた際、「火星買うとか月買うとか、漠然としたそんなんやわー」「でも、子どもの頃思ってた「プロ野球選手になりたい」「サッカー選手になりたい」っていうのは、叶うかどうかわからない、そういうのですよね。だから、馬鹿にされるくらいがいいと思ってね」と、子どものような壮大なことを語っているとしました。




昔は「別荘がほしい、大きいクルーザーがほしい」といった願望があったといいますが、そういったものは夢ではなくなってきたといいます。また、仕事面では「うれしい悲鳴なんでしょうけどね」としつつ、「「ドームやってみたい!」「野外やってみたい!」とか、みなさまのお力あって、できてきてるっていうのがあるから、「これ以上なんや?」っていうのがあるから。そんなことできると思ってなかったから、今まで頑張ってこれたわけで」と、かつて抱いてきた夢が少しずつ現実になってきたため、仕事としての「“夢”」がなくなってきたと告白しました。さらに「「これ以上望んだら」欲望の塊になるやん。仕事に夢をあんまり持たなくなってきたなあ」とつぶやきつつ、「それは「夢ではなく」目標にせなあかんくなってきたからな」と言いました。

この日の放送に視聴者からは、「今は関ジャニ∞にとって極みというか、何かの点に到達している時期なんだろうな」「関ジャニ∞としては夢じゃなくて目標なんだ! なんか感慨深い放送だったな」「村上くんにとっては目標でも、ファンにとっては夢だからどんどん叶えてほしい」といった声が集まっていました。

「デビュー以来」「ブレ」ない気持ちを持ち続けて目標を達成していきたことの自信のある言葉に「カッコ良さ」を感じますよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。