相葉雅紀★中華鍋&お玉自作★鉄の打ち出し作業★一生終わらないかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「相葉雅紀★中華鍋&お玉自作★鉄の打ち出し作業★一生終わらないかも」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の「相葉雅紀」が、「アンジャッシュ・渡部建、ハライチ・澤部佑」と一緒に番組を通して日本の文化や食材を学んでいく「バラエティー番組」「相葉マナブ」「テレビ朝日系」です。「8月12日」の放送は「マナブ イチからものづくり ~中華鍋編~」企画で中華鍋作りに挑戦しました。

「すごい使ってるじゃん、最近」と「相葉雅紀」が言うように、「相葉雅紀」の料理には欠かせない中華鍋です。そこで今回は、多くの料理有名店が使う中華鍋を製造している「山田工業所」を訪れました。ここの中華鍋は「金型プレス」を使わず、叩いて形を作っていくため料理人の好きな形にできるというのが特徴のようです。




ですが「渡部建」は「ちょっと社長すみません」と話を中断し、「相葉雅紀」と「澤部佑」を呼び寄せると「我々は型でどんどん作る方でいいんじゃないの?「相葉くん」こだわりないでしょ?」と指摘します。ですが「「こだわり」ある、ある、ある!ここじゃないと俺、テンション上がらないよ!」と、中華料理店の息子でもある「相葉雅紀」にとって、一流料理人御用達の山田工業所の中華鍋作りはかなり意味のあるもののようです。

最初に「1.2mm」の鉄板から中華鍋の元になる形を抜き出すと、次は一番重要な「打ち出し」という工程です。平らな鉄板を「ハンマー」で打って「カーブ」をつけていくのですが、ここでは日本唯一となる機械を使っての打ち出しを行います。ですが、機械の側面についている「ハンマー」や「レバー」で左右や上下を微調整しなければいけないため、熟練した技術が必要な作業です。

こうして「約1時間、6,000回」ほど「ハンマー」で打ち続けた「相葉雅紀」でしたが「いや~あっつい!一生終わらないかと思った」と「結構ハード」な作業だったようです。一方、この間ほぼ横で見ているだけだった「澤部佑」は「ほぼ自分の感覚でやってましたもんね」と「相葉雅紀」の器用さに感心します。「なんか途中から錯覚してきて。俺、コレずっとやってた仕事だったけ?みたいな」とまんざらでもない様子の「相葉雅紀」に、「顔はそんな顔してましたよ」と返していました。




その後は「へり上げ」「ならし」「鍋底のプレス」「持ち手作り」を行うと、最後は持ち手の強度を上げるために根元部分を溶接し補強することにします。これまでいろいろなことに挑戦してきた「相葉雅紀」でも、溶接をするのは今回が初めてです。そのため、「1回目」の溶接では隙間が空いてしまい、社長の「下をもう一回おんなじふうに「溶接」」という指示のもと、「2回目」に挑戦したのですが、なんと穴が開いてしまうという「ハプニング」になります。

「あ~これダメだ、もう」とがっかりする「相葉雅紀」に、社長は「上をやるのに下をやっちゃった」と「コメント」します。「アレ?下じゃなかった?」と驚く「相葉雅紀」でしたが、どうやら鍋を上に向けたときと裏向きのときの上下で、行き違いがあったようです。

ですが、そんな失敗も「ベテラン」に「フォロー」してもらい、最後に鍋のふちを機械で整えて、「相葉雅紀」の中華鍋が完成しました。ついでもお玉も作り、それらを使って炒飯と麻婆豆腐を作ることになりました。「「自分で作った鍋だと」愛情が入るね」という「相葉雅紀」の姿に、「ファン」もまた「これからこの中華鍋が、また大活躍するのが楽しみ」「中華鍋、これから相葉くんたちの立派な相棒になりますね」と、今後の手作り中華鍋の活躍を楽しみにしているようでした。

中華料理店の息子としての「プライド」をかけた鍋作りは「相葉雅紀」の本気を見たような気がしますよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。