小山慶一郎★ジャニーズ反対押し切り★1人謝罪会見開催★舞台裏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「小山慶一郎★ジャニーズ反対押し切り★1人謝罪会見開催★舞台裏」の事をお伝えしたいと思います。

「8月11、12日」に「東京・味の素スタジアム」で開催された、「NEWS15周年コンサート」「NEWS 15th Anniversary LIVE 2018“Strawberry”」です。「12日」の開演前には、「小山慶一郎」が未成年との飲酒騒動後、初めて「マスコミ」の取材に対応しました。この記者会見は「小山慶一郎」本人の希望によって実現し、「参加メディア」は「ジャニーズ事務所」と懇意な間柄である「スポーツ紙」のみだったといいます。

同公演は、「小山慶一郎」にとって未成年との飲酒騒動後、初めての「コンサート」となりましたが、「ステージ上」で謝罪や「コメント」は一切ありませんでした。




元々「ジャニーズサイド」としては、「グループのアニバーサリーイヤーに水を差すべきではない」という考えだったようで、「ステージ」での謝罪、また「マスコミ対応」は、一切しないと決めていたようです。ですが当日、「スポーツ紙」の記者だけが集められ、「小山慶一郎」「1人」の会見が行われたようです。

事務所は「小山慶一郎」の取材対応に反対していたそうですが、本人たっての希望により、急きょ場が設けられたといいます。

そこで「小山慶一郎」は「僕としては、当たり前にステージに立たせてもらえていると思っていません」「もしかしたら「コンサートが」できないということも覚悟している中で、ファンの皆さんの声援があって、この2日間を迎えることができました」などと、神妙な面持ちで語っていました。さらに、多数の「メディア関係者」が参加した打ち上げでも、「グループ」がここまで成長できたことへの感謝や、将来の夢などを語っていたようです。




ですが、その席に参加した「一部スポーツ紙」は、「ファン」への直接謝罪がないことについて、批判的な記事を掲載しています。

「ジャニーズ」の反対を押し切って、「1人」で「マスコミ」の前に立った「小山慶一郎」の様子を見るに、本人としては、やはり「ファン」や世間の人々に自身の声を届けたいと考えているのではないでしょうか。それを、なぜ「ジャニーズサイド」が「ストップ」をかけようとするのかと疑問を抱いた記者が、「ファンへの直接謝罪がない」点を指摘したのかもしれません。ですが、「ファン」の間には「なぜステージで謝罪しなかったのか?」という声がある一方、「コンサートを謝罪の場にしてほしくない」との声も根強いだけに、「ジャニーズ」の判断が正しいか間違っているかは、一概には言えないようです。

こうして、いまだ「ファン」に直接報告や謝罪がない状態が続いてはいるものの、「アニバーサリーコンサート」は無事に終えることができた「NEWS」です。果たして今後、「小山慶一郎」が「ファン」に対して、騒動について語ることはあるのでしょうか。

今回の謝罪会見が「マスコミ用」で「小山慶一郎」と「ジャニーズ」の計画的な会見でないことを祈りたいですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。