伊野尾慧★もう言わないで&みなさん泣いてる★八乙女光に九九回答禁止令

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★もう言わないで&みなさん泣いてる★八乙女光に九九回答禁止令」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の「八乙女光」と「伊野尾慧」が「パーソナリティ」を務めている「午後8時台」の「生放送ラジオ」「らじらー!サタデー!」「NHKラジオ第1」です。「8月11日」の放送回では、「伊野尾慧」発案の「八乙女光の九九企画」の話題で盛り上がりました。

この日は「8月22日」に「リリース」する「アルバム」「SENSE or LOVE」の中から「One&One Makes Two」を流すということで、その前に「タイトルを聞いただけで、どんな曲なのかを妄想して寄せられたメッセージ」を読むことになりました。




そこで、「ポップなリズムに合わせて英語で算数が学べ、小学生にも大流行」だという「妄想メッセージ」が届きます。「なんといっても一番の聞きどころは、やっぱり光くんの「“九九ラップ”」。この曲を口ずさめばすぐ覚えられちゃいそう。これで光くんも「“脱おバカキャラ”」だね」とつづられていました。

実は、「八乙女光」は九九が苦手です。それを「イジ」った「リスナー」の「ネタ」だったのですが、これを読んでいた「伊野尾慧」は「「八乙女は」九九マスターですからね。ずっとやってますからね」と「“悪ふざけ”」します。

「伊野尾慧」が「6×5は?」と振ると、「八乙女光」は「う~ん、35!」とまさかの誤答します。「ちがーう!」「いけそうな雰囲気がありましたけどね~」と「伊野尾慧」が「コメント」すると、今度は「36!」「八乙女」と正解からさらに遠ざかってしまいました。結局、「ちが~う!八乙女さん、もうそれ以上言わないで!聞いてる人が泣いています。リスナーのみなさんが泣いていますよ」と、さらなる失態を心配した「伊野尾慧」に「ストップ」をかけられていた「八乙女光」なのでした。




そして楽曲が流れた後は、「光くんの九九ラップがなくて、少し残念でした」という「メッセージ」を紹介し、「伊野尾慧」は「九九ラップはなかったですけど、ラップはありましたからね~」と「フォロー」しつつ、「「八乙女さんの九九企画」やる?なんか新しい九九の解釈。なんかあれってさ、にいちがに、ににんがし、にさんがろくってリズムで覚えるっていうやり方だけど、逆に、こう語呂合わせを「リスナーに」送ってもらって、それで覚えるっていう」と新企画を提案します。

「「6×6=36」みたいなのを語呂で、「ムム寒い」みたいな。そういうので覚えて、それをやって1カ月後にそれで覚えてるか、テストする」と具体例を挙げて説明していました。ただ、「「語呂で覚えたら」よそ行ってさ、「九九言え」っていわれてそれで言うかな?すっごい恥ずかしい。すっごい恥ずかしいそれ。「すげぇ変な覚え方してる」って「思われる」」と、「らじらー!」以外の場所でも、「八乙女光」が言ってしまう可能性があると心配します。「恥ずかしいよ~。よその現場行って、九九振られた時にさ、全然みんなと違う覚え方してたら「笑」」と「伊野尾慧」は想像して笑いが止まらない様子で、「八乙女光」も「やべぇよ、やばい奴じゃねぇか!」と心配していたのでした。

「ファン」の間では「絶対九九ラップ企画やろ!!」「ひかちゃんの九九企画希望!」「ひかの九九企画絶対おもろい」と、「八乙女の九九企画」を心待ちにする人が続出中のようです。実際に「スタート」するのでしょうか。

「九九」の回答ができないのも「八乙女光」の魅力の一つかも知れませんね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。