キンプリ★SMAPのヒット曲披露★キンプリファン&SMAPファン対立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「キンプリ★SMAPのヒット曲披露★キンプリファン&SMAPファン対立」の事をお伝えしたいと思います。

「8月10日」に「神奈川・横浜アリーナ」で「スタート」した「King&Prince」の「デビューコンサートツアー」「King&Prince First Concert Tour 2018」です。「5月発売」の「デビュー曲」「シンデレラガール」などを歌って会場を盛り上げる中、「SMAP」の「ヒット曲」を披露する場面があり、これを知った「SMAPファン」が事務所や後輩たちに対する否定的な感情をあらわにし、論争が巻き起こっています。

初日の公演終了後、「ネット上」に「アップ」された「レポート」によると、「King&Prince」は「デビュー曲」や「カップリング」のほか、「ジャニーズJr.時代」から歌ってきた「オリジナル曲」を「パフォーマンス」しました。持ち歌が少ないためか、「Sexy Zone、V6」ら「先輩グループ」の楽曲も含まれていたそうで、「SMAP」は「夜空ノムコウ」と「SHAKE」の「2曲」を「カバー」したようです。すると、「Twitter上」でその情報を知った「SMAPファン」の間で、批判が相次いでしまいました。

事務所を去った「元SMAPメンバー」の「稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾」は、退所後に「SMAP」の楽曲を歌えていませんし、残留した「中居正広&木村拓哉」ですら、「グループ」の曲を歌って踊る機会はありません。そんな中で、「Jr.」たちは「ザ少年倶楽部」「BSプレミアム」などで「SMAP」の曲を「カバー」しているたけに、これまでも「なぜ後輩が歌うのか」といった愚痴が噴出していました。「SMAPファン」は、事務所側が特に退所組の「3人」に「“曲を歌わせないよう”」にという圧力をかけていると、信じ込んでいるようです。




昨年「11月」、「稲垣・草なぎ・香取3人でインターネットはじめます「72時間ホンネテレビ」」「AbemaTV」の「グランドフィナーレ」で「72曲」の「ライブ」を行う際、「草なぎ剛」は「僕ら曲がないんで」と漏らし、「SMAP時代」の「ヒット曲」は歌わず、ほかの「アーティスト」の楽曲を歌唱しました。また、番組内では「元メンバー・森且行」との「トーク中」にも、「グループ時代」の楽曲の話をしながら、「稲垣吾郎」は「曲名とか言うと、たぶんすっごい怒られちゃうから言えないけど」と、曲名のみでも発言しにくい状況であることを示唆していました。

それだけに、今も「SMAP5人」を応援する人たちは「SMAPのメンバーが歌えないのに無神経すぎ。キンプリ嫌いになりました」「ジャニーズのタレントが自由に歌えてSMAP本人たちが歌えないどころか、タイトルさえ言わせてもらえないのはやっぱりおかしいと思う。つらい」「SMAPを潰しておいて、その功績だけのっとろうとする事務所にもこのグループにも嫌悪感」「後輩やJr.が先輩の歌を歌い継ぐことは知ってる。だけどSMAP自身に歌やタイトルの制限をするのは楽曲提供してくれた方たちにも失礼だし、ジャニーズ事務所が私物化していいものじゃない」と、激怒しています。

これらに対し、「ジャニーズファン」は「案の定スマおばさんが「なんで後輩は歌えるのにSMAPは歌わせてもらえないの!」ってキレてる。いや、SMAPはもうないし、退所した3人は曲の権利まで持ち逃げするつもりだったの?」「大切に育ててくれたのは事務所のはずなのに、解散した瞬間全て悪いのは事務所だと、本人たちを持ち上げて後輩たちをけなすSMAPファンの神経が理解できない。SMAPは嫌いじゃなかったのにこの人たちのせいで退所した3人がほんとに無理」と反論しています。「SMAPファン」と「ジャニーズファン」が互いに罵り合っている状況です。

さらには「SMAPの歌を歌わなければチケットが売れないのかも」と、うがった見方をする意見もあり、これに対して「ジャニーズファン」は「セットリスト公開してからチケット発売してるわけじゃないし、SMAPの曲を聞きに行ってるわけじゃない。そんなことしなくてもキンプリは人気です」とあきれ返っているようです。




現状を踏まえると、「SMAPファン」が「モヤモヤ」した思いを抱えるのは仕方ないことですが。「一部ファン」が指摘している通り、「SMAP」も「デビュー前後」には「少年隊」や「光GENJI」の楽曲を「カバー」していたようですから。今回の揉め事を受け、中には「後輩グループやJr.がSMAP曲を歌うのが許せないファンの気持ちはわかるけど、後輩の中にもSMAPファンはたくさんいて、曲を歌うことでSMAPに敬意を表してる後輩もいる」「キンプリさん、「夜空ノムコウ」と「SHAKE」を歌ってくれてありがとう。「少クラ」やライブなどで歌ってくれてるJr.も、SMAPを生かし続けてくれてありがとう」と、好意的な「コメント」も出ているようです。

一方で、かつて年末の特番「さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル」「日本テレビ系」で「SMAPメンバー」と共演していた「明石家さんま」からは、「SMAP」と「King&Prince」に関連する驚きの発言も飛び出しました。「King&Prince」の「デビュー」後、「明石さんま」は「ハスキーボイス」が特徴的な「平野紫耀」のものまねを定期的に「ラジオ」「ヤングタウン土曜日」「MBSラジオ」などで披露しているようです。「8月11日」の同番組では「そのうち「King&Princeと」共演するやろな」と切り出し、「ファンの間では年末の「さんま&SMAP」のところを「さんま&キンプリ」にっていう声も上がっているくらいやから」と、明かしたのでした。

「キンプリファン」は「SMAPの枠にキンプリっていう世間の期待が、さんまさんの頭にあることがスゴい!ぜひ実現してほしい」と喜んでいるものの、「SMAPファン」は「勝手にやれば。キンプリもSMAP使わないで自分たちの力だけで勝負しなよ。みっともない」「「さんま&SMAP」を「さんま&キンプリ」にって あからさますぎるけど日テレだからやりかねない気もする」と、「ショック」を受けるよりも「明石さんま」の言葉に呆れている様子です。

楽曲をめぐって、「SNS上」でやや過激な持論を展開している「ジャニーズファン」と「SMAPファン」です。両者の溝は深まっていくばかりに見えますが、理解し合える日は訪れるのでしょうか。

お互いの大切にしたい気持ちも分からなくもないですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。