松本潤★大野智&二宮和也★バク転超重い発言★できない奴が言うな★ファン非難

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「松本潤★大野智&二宮和也★バク転超重い発言★できない奴が言うな★ファン非難」の事をお伝えしたいと思います。

「8月11日」に「オンエアー」された「嵐にしやがれ」「日本テレビ系」での、「嵐・松本潤」の発言が「ネット上」で物議を醸しています。この日は「松本潤」の企画「MJ倶楽部」に、「ジャニーズ事務所」の「後輩・King&Prince」の「岩橋玄樹」と「平野紫耀」が出演しました。彼らとの「トーク中、嵐メンバー」を「イジ」る発言をした「松本潤」に対し、「一部」の「嵐ファン」が不快感を示しているといいます。

「“MJ”」こと「松本潤」が、「ゲスト」と「カッコイイ男の遊び」を満喫する「MJ倶楽部」です。今回は「5月」に「CDデビュー」したばかりの「King&Prince」の「岩橋玄樹&平野紫耀」が登場し、「メンバーカラー」などについて話を聞いた後、「松本潤」が「平野紫耀」に向けて「得意なことは?」と質問しました。すると「平野紫耀」は「アクロバットですかね、僕は」と答え、「松本潤」は「じゃあ、「ここでなんかやって」って言ったらなんかできんの?」と無茶ぶりします。すぐさま華麗な「バク転」を披露した「平野紫耀」に、「松本潤」は「軽いね、やっぱ。さすが20代!2年前ぐらいかな?うちのリーダー「大野智」とニノ「二宮和也」がバク転やってたけど、超重そうだった。ギリギリだったよ」と、「嵐メンバー」の例を持ち出しながら後輩を「ベタ褒め」しました。




「松本潤」が思い浮かべた「大野智」と「二宮和也」の「バク転」とは、おそらく「2015年」の「アルバム」「Japonism」「よいとこ盤」に収録された「日本よいとこ摩訶不思議」の「パフォーマンス」のことのようです。「少年隊」を「カバー」したこの楽曲は、「ミュージックステーション」「テレビ朝日系」でも披露され、「二宮和也、大野智、相葉雅紀」は「バク転」に「チャレンジ」しました。「テレビ」での「アクロバット」は久しぶりだっただけに、大きな話題になりました。

ですが、前述の「超重そうだった」発言が主に「大野智&二宮和也ファン」の怒りを買う事態になったようです。「平野紫耀」に花を持たせるための「コメント」だった可能性はあるとはいえ、そもそも「松本潤」自身は「バク転」ができないことが「ファン」の間で知られています。そのため、「一部」からは「バク転できない人が、できる人を下げるのは違う。ファンが落胆する冠番組って 引くわ」「バク転できない奴が何言ってんの 自分ができないことで他人を下げるとか、最低」「平野くんのバク転と比べて重いバク転だって。MJは「できない」の一言も言わなかった。嵐が仲間を下げたらダメ」と、非難の声が多く上がりました。

特に「大野智ファン」からの「バッシング」が強い印象で、「大野智」の歌唱力や「ダンス技術」に惚れ込んでいる分、「“バカにされた”」と憤慨しているようです。また、「二宮和也」について「「バク転重そうだった」って言ってる時、ワイプのニノが全然笑ってない。できない人に言われたくないよね」と、気にかける人もいたようです。一方、「日本よいとこ摩訶不思議」を歌った当時は、「2人」に加えて「相葉雅紀」も「バク転」をしていたため、「相葉さんのバク転は軽々としてたように見えた?」「相葉さんもやったのに」といった指摘が見受けられました。さらには、これを機に「Twitter上」に「大野智」と「二宮和也」の「バク転シーン」をあらためて投稿する「ファン」もいたようです。




「松本潤」を叩く意見のほかには、「長年連れ添ったメンバーだからこそ言えること」「別に2人のことをけなしたんじゃなくて、後輩に花を持たせるために言った台詞でしょ。メンバーとの信頼があるから言えることだよ」などと、いちいち「“目くじら立てるな”」と擁護する声もあり、議論が紛糾しています。

「大野智」や「二宮和也」らが「日本よいとこ摩訶不思議」で「バク転」に挑戦した時はすでに「30代」に突入しており、体を張った「バク転」は危険性もはらんでいました。「バラエティ」の「ワンシーン」といえど、「2人」の「ファン」にとっては仲間内での「“毒づき”」が耐えられなかったのでしょう。「ファン人口」が多い「嵐メンバー」だからこそ、発言には十分に気をつけるべきなのかもしれないですね。

いくら仲間内発言だとはいえ、自分が苦手なことを棚に上げて下げる発言は「ファン」として良い気はしませんよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。