小山慶一郎★お忍びボランティア活動★心がない人にはできない★現地も感謝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「小山慶一郎★お忍びボランティア活動★心がない人にはできない★現地も感謝」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・小山慶一郎」が、西日本豪雨の被害に見舞われた広島県に向かい、一般参加者とともに「ボランティア活動」に励んでいたことがわかりました。一緒に作業にあたった「Twitterユーザー」の「ツイート」によれば、「小山慶一郎」は「個人で参加」していたといいます。現場の写真も「ネット上」に「アップ」されており、「麦わら帽子、タンクトップ」で汗を流す「小山慶一郎」の姿が確認できます。猛暑の中、現地入りした彼の決断や行動力に、「NEWSファン」も感激しているようです。

「14日」の「午前10時」頃、広島で「ボランティア作業」に加わっている「Twitterユーザー」が、「小山さんもいらっしゃってました」と報告しました。ほかにも、友人経由で「小山慶一郎」の情報を聞いたという「ジャニーズファン」が「慶ちゃんいるって!」と、「シャベル」を持っている男性の写真を投稿しました。麦わら帽子を被り、口元は「マスク」でほぼ隠れている状態でしたが、胸元の「シール」には「小山」の文字が確認たできたことで本人と確定しました。手押し車を使って集めた泥を運ぶ「小山慶一郎」の後ろ姿も載せていました。

写真を上げたこの「Twitterユーザー」は、「“小山がボランティアに参加している”」という事実を広めたくて「ツイート」したようです。ところが、「ファン」から「盗撮は犯罪」といった批判が殺到してことで、一連の写真を削除しました。とはいえ、広島にいる「友達の友達」の言葉として、「わざわざ個人でボランティアしにきてくれてありがたい」「とても頑張ってくれてた」と、「小山慶一郎」の様子や感謝の思いを代弁していました。




一方で「14日夜」には、現場で本人と対面した人物が、「Twitter」や「ブログ」に写真を載せました。投稿者の書き込みによると、「小山慶一郎」がいたのは広島県の坂町だったそうで、「一番大変なボランティア場所」を教えてほしいと申し出て同所にやって来たようです。そして「小山慶一郎」は、小屋浦小学校で固まった泥をかきだして運ぶなど、ほかの「ボランティア」と一丸となって取り組んだといいます。「ブログ」には複数の作業員と記念撮影に応じる「小山慶一郎」の姿があり、中には男性、女性と「スリーショット」で「カメラ」に笑顔を向ける「1枚」もあったようです。

この「ブログ主」と同じく、現場に居合わせた別の「Twitterユーザー」も、「小山慶一郎」は「個人で参加して「一番大変な場所を」と聞いて来られた」「心がない人にはできない」と称賛しました。「アップ」した写真に関しては「小山慶一郎」本人に許可を得ていると説明し、「拡散して」と積極的に呼びかけています。

「小山慶一郎」といえば、「5月下旬」に「加藤シゲアキ」とともに参加する飲み会の音声が「ネット上」に流出し、さらに未成年女性の同席が発覚しました。宴の中心人物だった「小山慶一郎」は、「約20日間」に渡って芸能活動を自粛した後、「6月27日」より仕事復帰しました。「8月11日」と「12日」には、「NEWS」の「15周年記念ライブ」「NEWS 15th Anniversary LIVE 2018 “Strawberry”」が「東京・味の素スタジアム」で開催されたばかりです。その「ライブ」で、「メンバー」は災害に触れつつ、「僕たちにできることをやろう」と「コメント」していたようです。「コンサート」終了後、「小山慶一郎」は思うところがあって広島へ向かったのかもしれません。

「ジャニーズ事務所」では「7月中旬」に「嵐」の「松本潤、二宮和也」が「広島、愛媛、岡山」を訪れ、「義援金「5000万円」」の目録を贈呈しました。「2011年」の東日本大震災の復興支援として「スタート」し、今年も開催された「イベント」「嵐のワクワク学校」の収益の一部を寄付しました。さらに、「同24日」付の「サンケイスポーツ」によると、「KAT-TUN・亀梨和也」は「新アルバム」「CAST」「同18日発売」の「PR」で現地の「テレビ」などに出演する予定でしたが、「豪雨に見舞われたばかりの今は適切ではない」と判断し、予定を変更して避難所に足を運んだようです。

そして、「8月4~5日」にかけては、「ジャニーズ事務所」が行う社会貢献や「支援活動プロジェクト」「Johnny’s Smile Up ! Project」の一貫で、「元SMAP・木村拓哉」と「V6・三宅健」、「ジャニーズ」の「俳優・生田斗真」や、「TOKIO・国分太一、長瀬智也」が「広島・呉市」と「岡山・倉敷市」で炊き出しを実施しました。事務所と「タレント」により支援活動が続いています。




一方で、「プライベート」で「ボランティア」に参加する「タレント」もいるようです。「A.B.C-Z」の「塚田僚一」は「同21日」、土砂崩れによって複数の住宅が倒壊した「広島・似島」「にのしま」に飛び、活動に励む姿が「ネット」に出回りました。また、写真こそ流出していませんが、「タッキー&翼・滝沢秀明」も岡山にて瓦礫の撤去作業を行っていたという目撃情報が出ています。今回の「小山慶一郎」の「ボランティア」も、これらと同様、自費での活動なのでしょう。

「小山慶一郎」の動きを知った「一部」の「ジャニーズファン」からは、「炎天下でノースリーブって、ボランティアする格好じゃない。パフォーマンスにしか見えない」「塚ちゃんとか先輩が行った後だと、ポイント稼ぎって言われても仕方がない」と、訝しむ声も出ています。また、「出演自粛中の「news every.」への「アピール」かと思っちゃう」「酷暑のボランティア活動は素直に褒めたい。ただ、Johnny’s webとか「news every.」がチラつく」と、「公式携帯サイト」や「news every.」で「ボランティア活動」に触れる狙いではないかと疑う人もいるようです。ちなみに「プライベート」で行った「塚田僚一」は「ネット」で注目を集め、報道も出たためか、数日後に「Johnny’s web」の「ブログ」で活動に言及しました。「15日」「午後7時時点」で、「小山慶一郎」は広島に関する内容を更新していません。

残念ながら、わずかに心ない声が「一部ファン」から出てしまいましたが、「広島まで行ってボランティアするとか、思いやりの持った優しいいい人」「点数稼ぎとかノースリーブに批判的な人もいるけど、真似できないよ」と、「小山慶一郎」を支持する「コメント」も上がり、また「非難してる人は今回の災害に対して何かした? 何にもしてないなら非難する資格は1ミリもない」「広島県民としてイライラするんだけど、Johnny’s webに書くなって言ってるやつなんなの?」「どれだけ復旧作業が大変で危険かわかってる?何でもかんでも小山は~ってグチグチしつこい」と、擁護する声も多数見受けられます。

東日本大震災の後、「news every.」の「ロケ」で定期的に東北へ出向き、現状を取材していた「小山慶一郎」です。地元の人たちから話を聞いていた彼だからこそ、「“被災地に寄り添いたい”」といった思いに、嘘はないでしょう。今回だけでなく、可能な限りの支援活動を継続してほしいものですね。

芸能活動自粛から復帰後の「小山慶一郎」の行動や態度には生まれ変わろうとする本気度が伝わってきますよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。