千賀健永★格差時代の怒り爆発★Mステ出演時の屈辱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「千賀健永★格差時代の怒り爆発★Mステ出演時の屈辱」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の冠番組「TOKIOカケル」「フジテレビ系」で「TOKIO」と「Kis-My-Ft2」が共演しました。

毎週、「ゲスト」と「テーマ」に沿った「トーク」を展開する「バラエティ番組」の「TOKIOカケル」です。「8月15日」の放送では、「TOKIO」の後輩にあたる「Kis-My-Ft2」から「玉森裕太、千賀健永、宮田俊哉」が登場、「デビュー」の裏話などを披露しました。




「スタジオ」に用意された「ジャニーズ事務所」の年表を使い、入所時期を照らし合わせながら「トーク」は進み、「国分太一」が「玉森くんが一番つらかった時期っていつ?」と尋ねると、「Hey!Say!JUMPのデビューですかね」と告白します。「2007年」に当時「平均年齢15.5歳」の「Hey!Say!JUMP」の「デビュー」が決まった際、「ジャニーズJr.」では先輩にあたる「Kis-My-Ft2」は「平均18.8歳」にもかかわらず、いまだ「デビュー」が決まらない状態だったことが明かされました。

さらに「Hey!Say!JUMP」の「バックダンサー」として「Kis-My-Ft2」も出演することとなり、「玉森裕太」は「一瞬、腐りかけたけど、これをバネにしようと思って」と、「バック」を務め上げたと話しました。「宮田俊哉」は「誰も言わなかったけど、みんな同じ気持ちだった」と、かなりの葛藤があったことを明かしました。

これには「TOKIO」も口々に「藤ヶ谷もバックダンサーやってたの!?」「それはキツい」など「Kis-My-Ft2」の境遇に同情していましたが、そんな「Kis-My-Ft2」が次に直面したのは「グループ内格差問題」でした。「Kis-My-Ft2」は「玉森裕太、藤ヶ谷太輔、北山宏光」が前列で、あとの「4人」は後列という暗黙の了解があるようですが、「国分太一」が「自分たちの中でも格差を感じてたの?」と聞くと、「宮田俊哉」は「感じてなくはないよね」と苦笑いしました。「千賀健永」はそれに被せるように「いや、感じてたよね!」と「ツッコミ」ました。「TOKIO」の爆笑をさらいました。




さらに「千賀健永」は「なに? 3:4って」と、当時から「メンバー」の分け方を不満に思う気持ちがあったと明かし、「2枚目」の「シングル」で音楽番組「ミュージックステーション」「テレビ朝日系」に出演した際も、「3人」は白の派手な衣装だったのにもかかわらず、後列の「4人」は黒の衣装、「バック」で踊る「ジャニーズJr.」は「グレー」の衣装だったことを告白します。さらに立ち位置も、最前列が「3人」で、その後ろに「Jr.、Jr.」の「バック」に「4人」という形で、「最後尾じゃねえか!」と不満を爆発させていました。

これには「玉森裕太」も不思議さを感じていたようで、「売り出す順番があるのかな?」と思ったことなどを話していましたが、のちのち「4人」は「中居正広」の「プロデュース」で「舞祭組」として「CDデビュー」します。「全国ツアー」もできたといい、苦労したからこそうれしさを実感することを話していました。

この日の放送に視聴者からは、「本音トーク連発、先輩たちとの貴重な関係交流話たっぷりでめちゃくちゃ楽しかった!今度はキスマイ全員出演してほしい」「今は笑って話せるけど、思い出すと切ない気持ちになる」「この番組で泣いたの初めてかも。みんなつらい時期を乗り越えてデビューできてよかった!」といった声が集まっていました。

「後輩グループ」が自分たちより先に「デビュー」して活躍されるのを目の当たりにした時の悔しさといったら言葉では言い表せないですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。