岸優太★蕎麦打ちで崖っぷち★なんでもないヤツ&自身を省みたワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「岸優太★蕎麦打ちで崖っぷち★なんでもないヤツ&自身を省みたワケ」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」で「King&Prince」の「冠コーナー」の「セカンドシーズン」として始まった「弟子入り~DESHIIRI」です。これまでも「メンバー」がさまざまな師匠に弟子入りしてきましたが、「8月13~17日」には「リーダー」の「岸優太」が登場しました。「“蕎麦打ち”」に挑戦しました。

「岸優太」といえば、「テレビ」や雑誌のあらゆるところで蕎麦好きを公言しており、「ファン」なら「岸優太=蕎麦」で話が通じると言っても過言ではないほどの蕎麦好きです。今回、弟子入りする前には「スタッフ」からも「多分、岸くんが一番弟子入りしたい職人さんだと思う。テレビ番組でも好きだって言ってた」と言われており、じわじわと「蕎麦好きキャラ」が浸透しつつあるようです。

そこで、蕎麦打ちの神と言われ、昭和天皇にお蕎麦を作った職人を師匠に持つ、「栗本師匠」に弟子入りします。いきなり蕎麦を打たせてもらえるはずもなく、まずは師匠の味を勉強するための試食からになりました。ですが、すぐに薬味を入れようとしたり、蕎麦をたくさん取りすぎたり、つゆに麺をつけすぎたりと、蕎麦好きと名乗るには邪道な食べ方だったため、初っ端から厳しく食べ方の指導を受けることになってしまったのでした。




「2日目」からはいよいよ蕎麦づくりに挑戦します。何回か練習してから本番に挑むのではなく、師匠の教えを見よう「見マネ」で覚えつつ、一発勝負で蕎麦を打っていくようです。そのため、しっかり「メモ」も取りながら生地づくりの「ポイント」を聞いていたはずだったのですが、いざ挑戦してみると、最初の「水回し「水に触れず粉を混ぜること」」でいきなり水を触ってしまうという「ミス」を犯してしまう「岸優太」です。

さらには生地を寄せ集めた時にできた「シワ」を絞り出す「ヘソ出し」でも、「シワ」の場所を無視してこねた結果、師匠に修正してもらう羽目になります。「メモ」がまったく役に立っていないというのも「岸優太」らしいと言えばそうですが、次の生地を伸ばす工程でも師匠のやり方を完全に無視してやってしまい「難しいねぇ、やり方が違います!」と師匠を怒らせてしまいました。

ですが、「一度」は「お蕎麦にならないかも」とまで言われた最悪の状態の生地を、根性で薄く伸ばしていき、「初回ではOKかな」と師匠に認めてもらえるまでに回復させた「岸優太」でした。師匠の奥さんからも「すごくいい。最初の方はみんな穴があく。リズム感がいいのかな」と褒められ、「ジャニーズ」で鍛えた「リズム感」が蕎麦打ちに役立っていたようです。

そして、悪戦苦闘しながらもなんとか切って茹でて、師匠に食べてもらえる蕎麦が完成します。一応「おいしいよ」という「コメント」はいただいたのですが、自分で試食をしてみると「「自分で打ったのは」ほんとに香りがない!全然違う!」と、出来の違いは明らかだった様子です。




その結果、「蕎麦好き、蕎麦好きって言ってたけど。なんでもないヤツでしたね」と、自らの「蕎麦好きアピール」を深く反省していたのでした。

蕎麦好きな「岸優太」が蕎麦をこねている姿を喜ぶ「ファン」も多かったのですが、やはり「岸優太」の長くて細い美しい指の「アップ」が見られたということに「指の長ーい手と蕎麦粉のコラボ美しすぎ」「やった!岸くんの綺麗な指が見れる~」「岸くんのいろんな表情と綺麗な手を見れて楽しかった」と大興奮の声が上がったのでした。

これで「弟子入りシリーズ」も終わりかと思いきや、次週からは「2周目」に突入します。まだまだ、「キンプリメンバー」のさまざまな姿を拝めそうですね。

蕎麦好き=蕎麦打ちが上手いとならないのが普通ですよね。そう簡単に打てるのであれば職人の修業時間が何のためにあるのか分かりませんよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。