二宮和也★楽譜読めない告白★なんで作曲できるの&センスの塊★ファン騒然

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也★楽譜読めない告白★なんで作曲できるの&センスの塊★ファン騒然」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「BAY STORM」「bayfm」が「8月19日」に放送されました。毎回「リスナー」から寄せられたさまざまな「メッセージ」を「二宮和也」が読み上げ、そこに書かれた質問などに答えていくこの番組です。そんな中、合唱をしているという「リスナー」から、「嵐はレコーディング前に音取りや歌詞入れをどのようにやっていますか?」という質問が寄せられました。




この質問に「二宮は「音取り」ってなんでしょうね」とぼやきつつ、「たぶん合唱とはまったく違う。楽譜みて歌わないっす。楽譜読めないっす」と、自身が楽譜を読めないことを告白します。「リスナー」の質問に対し、「言いたくないなー」とためらいつつも、「センス!言いたくないけど、言ったんだからね。それはこっちの気持ちにもなってよ。センス!」「楽譜読めないもん、だって」と堂々宣言していました。

「作詞・作曲活動」も行っており、その「音楽センス」は「ジャニーズ内」でも「トップクラス」と言われている「二宮和也」です。手がけた曲が「嵐」の「アルバム」に収録されることも少なくないですが、実は「二宮和也」は以前から楽譜が読めないことを「インタビュー」や「ラジオ」などで、たびたび語っています。

「2013年10月」に放送された同番組でも、「バンド」を組もうとして「ベース、ギター」を始めたものの、結局「バンド」は実現せず、ですが、いろいろな楽器を弾いているうちに曲を作るようになったと明かしていました。楽譜を読めなくても曲は作れることについては、「自分でもどうやって作ってんだろって、ほんと不思議なんだよね」とつぶやいていたのでした。




この日の放送でも、「合唱やってると必ず楽譜を使うでしょ?その曲練習しないと弾けないじゃん」「練習するなら曲覚えたほうが早いじゃん」と、譜面を見るより曲をまるごと覚えた方が効率的だと持論を語り、「合唱とはちょっと違うからねぇ。たぶん方法が違うんだろうな」と話したのでした。

この日の放送に「リスナー」からは、「なんで楽譜読めないのに作詞作曲できるんだろう。本当にセンスの塊でしかないよね!」「楽譜が読めなくても、作曲や作詞もしちゃうし、ギターやピアノも弾けちゃうニノの頭の中はどうなってるの?単純に知りたい」「本当にニノって天才だなー!ニノの曲だけ集めたアルバム発売してほしい!」といった声が集まり、そのあふれる才能に「ファン」の多くも驚きを隠せないようでした。

「ズバリ」「センス」の塊なのは間違いないですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。