木村拓哉★工藤静香&Koki,★ミヤネ屋で初言及★タブー解禁せざる得なかった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「木村拓哉★工藤静香&Koki,★ミヤネ屋で初言及★タブー解禁せざる得なかった」の事をお伝えしたいと思います。

「木村拓哉」と「嵐・二宮和也」が、初共演映画「検察側の罪人」の公開を間近に控え、精力的に「プロモーション活動」を行っています。そんな中、「8月16日」放送の「情報ライブ ミヤネ屋」「日本テレビ系」に出演した「木村拓哉」の「“発言”」が、「メディア関係者」の間で波紋を広げているようです。

映画の宣伝のため、「ミヤネ屋」に「VTR出演」し、「宮根誠司」と対談を行った「木村拓哉」です。これまで公の場で語られることのなかった「次女・Koki,」について、「彼女がやってみたいっていうことは、だったらその背中を押すしかない」などと発言します。また、同じく結婚発表以降、「メディア」では口にしてこなかった「工藤静香」についても、「親父の背中と「“お母さん”」の背中を見せてるだけ」という表現で触れていました。




この「木村拓哉」の発言に、長年の「ファン」は「SNS」などで、怒りや悲しみを書きつづっています。というのも、これまで「木村拓哉」は、「“家族の話”」をしてこなかったのですが、ここへきて突然、「タブー」を解禁したんです。この「タイミング」で家族について語り始めたのは、世間の注目を浴びることが映画の宣伝につながるから、すなわちそれだけ今作に相当力を入れているのだと思いますが、「正直、聞きたくなかった」という「ファン」は大勢いるようです。

「木村拓哉」が「タブー」を解禁したのは、「SMAP解散」、ひいては「チーフマネジャー」だった「飯島三智氏」との「“断絶”」が影響しているとみられます。

「木村拓哉」から、家庭を連想させるものを徹底的に排除していたのは、ほかならぬ「飯島三智氏」だったと言われています。以前ある雑誌に「木村拓哉」が登場した時、同じ号に「工藤静香」の「広告ページ」が入っていただけで、編集部に激怒したらしい という逸話まであるほどでした。「SMAP」解散後、「工藤静香」が「インスタグラムアカウント」を開設し、私生活が垣間見える投稿をしたことで「木村拓哉ファン」の反感を買っていますが、これも「飯島三智氏」がいた頃であれば考えられないことでした。「木村拓哉」は「飯島三智氏」のおかげで、「アイドル」として、高い「ブランド力」を築くことができたと言っても過言ではないようです。




ほかにも「木村拓哉」には、「飯島三智氏」から「過剰なPR活動をしない」という「ルール」も課せられていたましが、「飯島三智氏」退社後に公開された映画「無限の住人」では、地方局での大々的な番宣出演も行うようになります。「メディア関係者」の間では、「木村拓哉」のこうした変化について「ブランドを崩壊させるような活動」「一時的な話題にしかならないのでは?」など、甘くはない指摘が出ているといいますが、「木村拓哉」も背に腹はかえられない状況にあるようです。

これまでにないほどの「PR」に勤しんだ「無限の住人」でしたが、興行収入的には「パッ」とせずでした。今回の「検察側の罪人」は「二宮和也」との初共演で注目を集めている以上、絶対に「コケ」るわけにはいかないようです。幸い、前評判は良いようなので、ここでさらに、話題性を高めておく必要があるようです。

新たな戦略が裏目に出なければいいのですが、果たしてどうなるでしょうね。

「SMAP時代」に比べて「木村拓哉」個人の力ではどうしようもないことが増えていっているのかも知れませんね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。