二宮和也★100kg超え女性芸人★後ろでずっとブヒブヒ言ってる★息の荒さ指摘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也★100kg超え女性芸人★後ろでずっとブヒブヒ言ってる★息の荒さ指摘」の事をお伝えしたいと思います。

「8月19日」放送の「嵐・二宮和也」の「冠バラエティー」「ニノさん」「日本テレビ系」は、先週に引き続き、「6秒」を極めた人の芸を見て「ナンバーワン」を決定する「ニノさんの6秒芸2018」を放送しました。

「6秒」という長さは、人に「インパクト」を与え、記憶に残す時間として最も有効な時間だといいます。この「6秒」を使った芸を、「芸人、アーティスト、一般人」、さらに動物も対象にした「325名」の中から選ばれた「エンターティナー」が披露します。

「トップバッター」は、「ゲスト」である「ピエール瀧」の推薦枠として、芸人の「キンボシ・西田淳裕」が登場しました。「2年前」にも登場し、「ピエール瀧」に気に入られたことから今回の推薦枠となりました。そんな「キンボシ西田淳裕」の芸とは、「相方・有宗高志」が持つ「相撲カード」を引き、そこに載っている力士の「プチ情報」を言いきると、「有宗高志」が「どすこい!」と言い「6秒」以内に締めるというものです。「2年前」に同企画で出演した際は、「有宗高志」が「6秒」以内に「どすこい!」と言えないことが課題になっていましたが、今回は果たして。




「西田淳裕」が「カード」を選び、「遠藤聖大、石川県鳳珠郡出身、追手風部屋、最近実家で飼っているダックスフントが人見知り」と言い終わった後、「有宗高志」は「ど、どすこい」と戸惑ったように発言します。結局、「6秒内」には入らず、「二宮和也」は「やっぱり間に合わない」と惜しそうな顔をしました。

本意ではない「パフォーマンス」に、「リベンジ」を懇願した「西田淳裕」は、再度挑戦へとなります。「ピエール瀧」の出したお題は「朝潮」です。「西田淳裕」は、「朝潮太郎、高知県安芸郡出身、高砂部屋、娘さんがむちゃくちゃお酒を飲みます」と言うと、「有宗高志」が「どすこい」と一言いいました。今度は「6秒」以内に収まり、「二宮和也」をはじめとした会場が笑いの声に包まれました。

次の「エンターティナー」は、「ガリットチュウ」の「福島善成」です。前回は早着替えで「船越英一郎」に変身する「6秒芸」でしたが、今回は早着替えですっぴんの「IKKO」に変身するというものでした。「ピンク」の「バスローブ」に紫の「ヘアバンド」を巻き、顔を「テカテカ」にした「福島喜成」が「どんだけ〜!」と叫ぶと、「二宮和也」も「ピエール瀧」も大笑いしました。

ほかにも、「芸人・おいでやす小田」の「6秒芸」は、「言われた50音から始まる、大声で言うほどでもないことを大声で叫ぶ」というものです。「二宮和也」に「ま」とお題を出されば「マカロニサラダ、できたよ!」と叫び、「や」と出されれば「休み、何曜日?」と叫ぶという「シュール」さで、「二宮和也」と「ピエール瀧」、特に「ゲスト」の「岡田結実」は手を叩いて笑っていました。




また、「体重100kg超え」の「女性芸人コンビ・どんぐりパワーズ」は、白い「全身タイツ」を履いて、「体モノマネ」をする「6秒芸」です。まずは、お互いに重なりあって「白子」の「モノマネ」をすると、「二宮和也」は「なるほど」と苦笑いします。

ですが、ひょんなことから「二宮和也」は「どんぐりパワーズ」と「コラボ」をすることになりました。四つん這いになった女性の上に「二宮和也」が座り、目の前に立つもう「1人」の女性の腰を掴むと、「白馬の王子」のできあがりと言います。この芸には、「ピエール瀧」は「そういうユニットに見えてきた」と言い、会場中からも拍手がわきおこりました。当の「二宮和也」は「ずっと後ろでブヒブヒ言ってるの」と、「100kg」を超える女性芸人の息の荒さを指摘していたのでした。

最終的に、優勝は相撲芸の「キンボシ・西田淳裕」に決定します。「SNS上」では「ニノさんの6秒芸ぜんぜん面白くなくてつらい」という声と、「6秒芸で爆笑すぎておなか痛いし」と賛否の声が集まっていました。

体重が「100kg超」になると体を動かさなくても息するのも荒くなるのかも知れませんね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。