堂本光一★そこが岸の良いところと語った★岸優太の魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「堂本光一★そこが岸の良いところと語った★岸優太の魅力」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「KinKi Kids どんなもんヤ!」「文化放送」で、「堂本光一」が「ジャニーズ事務所」の「後輩グループ」にあたる「King&Prince」の「リーダー・岸優太」について語る一幕がありました。




「堂本光一」は自身が主演する舞台「SHOCK」「シリーズ」で、「岸優太」と共演しました。「2013年」の「Endless SHOCK」「大阪公演・千秋楽」での「カーテンコール」では、「岸はホントかわいくて、博多で部屋に行った時に「寝ろや~」って出ようとすると「なんで帰るんですかっ」って「突っ伏して」泣くんです」と「岸優太」との「エピソード」を語り、「ファン」を喜ばせていました。公演中も「アドリブ」で、「食べちゃいたい」「丸呑みしたい」と話すなど、「メロメロ」になっていたのでした。

そんな中、「8月20日」深夜放送回で取り上げられたのは、先日「King&Prince」の「ハイタッチ会」に参加したという「リスナー」からの「メッセージ」です。その「リスナー」は「岸優太」と「ハイタッチ」をしている際に転びかけてしまい、「岸優太」が手を掴んで助けてくれたことなどを記していました。

以前、同番組で「King & Prince」の「ファン」の総称が「ティアラ」に決まったことが取り上げられた際、「岸にはあんまりそういうタイプにはなってほしくなかったな~」と「堂本光一」がぼやくという一幕がありましたが、その「リスナー」は「「大丈夫かい、シンデレラ」とは言わなかったので、岸くんは大丈夫だと思います」とお茶目につづっていました。




これを受け「堂本光一」は、「会ってないですね、まったく。デビューするよ、っていう以前から会ってないかな」と振り返り、「転びそうになって「大丈夫?」と。これまた惚れたんですかね、それで」と「岸優太」の「“神対応”」を評価しました。さらに「大丈夫?シンデレラ」という「セリフ」が出なかったことに対しては、「岸はたぶんそうやって演じようと思っても、あの子ちょっとおバカなところがあって。そこまで頭が回らなかったっていうのもあるでしょうけどね」と苦笑いします。それでも「そこが岸の良いところじゃないでしょうか」と優しい声で「岸優太」を「フォロー」していました。

「2013年」から「15年」まで「Endless SHOCK」で「堂本光一」の下、舞台を務めあげてきた「岸優太」です。可愛がっていて、信頼を置いている後輩の話題に「リスナー」からも、「また光一くんと岸くんが同じ舞台に立ってるところみたいよー!」「光一くんは本当に岸くんのこと可愛がってるよね~」「おバカなところ含めて褒めるところに愛を感じる!」といった声が集まっていました。「KinKi Kids どんなもんヤ!」への「ゲスト出演」を望む声も多々見られましたが、実現はあるのでしょうか。期待が高まりますね。

憧れの先輩に好かれている「岸優太」は幸せ者ですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。