国分太一★ジャニーズ被災地支援★舞台裏明かす★木村先輩がおごってくれまして

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「国分太一★ジャニーズ被災地支援★舞台裏明かす★木村先輩がおごってくれまして」の事をお伝えしたいと思います。

「8月5日、元SMAP・木村拓哉」らと西日本豪雨の被害に見舞われた「岡山県・倉敷市」で炊き出しを行った「TOKIO・国分太一」です。「8月17日」放送の「ラジオ」「国分太一Radio Box」「JFN系」では、被災地を訪れて感じたことや現在の心境、「木村拓哉」との「“思い出”」について語りました。

「ジャニーズ事務所」は「7月24日」に幅広い社会貢献や支援活動を行っていく「Johnny’s Smile Up ! Project」の立ち上げを発表しました。その活動の一貫として、「8月4日、木村拓哉」は「V6・三宅健、ジャニーズ」の「俳優・生田斗真」と「平成30年7月豪雨」の被災地である「広島県・呉市」の小学校に向かい、被災者に「カレー、ステーキ、お菓子」などを手渡しました。

さらに「翌5日」は「TOKIO・国分太一&長瀬智也」も合流し、「5人」で避難所となっている「岡山県・倉敷市」の小学校を訪問しました。現場で「長瀬智也」が挨拶した際には「今回は木村くんが、こういうプロジェクトを立ち上げてくれて。僕らに声をかけてくれて」と、「木村拓哉」が中心となって炊き出しが行われたことを明かし、「三宅健」も同日夜に「公式携帯サイト・Johnny’s web」の連載「にこにこ健゜」にて、「木村くんからお声掛け頂き」と言及していました。「木村拓哉」は、「2016年」の熊本地震発生後、「長瀬智也、V6・岡田准一」と「“石原軍団”」こと「石原プロモーション」の炊き出しを手伝っていただけに、今回の豪雨災害で率先して動いたようです。




そんな「木村拓哉」と一緒に炊き出しに参加した「国分太一」です。「ラジオ」で話したところによれば、岡山には飛行機で向かったといいますが、甚大な浸水被害があったとされる真備地区に近づくと、砂ぼこりが立っていたほか、信号がまだ復旧していない箇所もみられたそうです。避難所では、被災者から「会社を今後、どうしていいかわからない」などの悩みを直接聞き、「被災された方と一緒に、この現状を乗り越えていかなきゃいけないなと思うんですよ」と、「コメント」しました。さらには、

「僕らが、その現地に入ることで、もう賛否も起こることも、正直あるのかもしれないですけども。自分たちにできることを探して、被災された方に寄り添うということを、今後も続けて行かなきゃいけないなと。正直、現地入ってホント思いました」

と、芸能人の被災地訪問に対する率直な考えを述べました。一方で、芸能人は「伝える」ことができる仕事だとして、

「なので、今日この場を借りて、僕も話させてもらってます。どんな形でもいいんですよ。自分にできることを、皆さんも見つけてほしいなと。で、被災された方に寄り添ってほしいなと思います」




と、「リスナー」に呼びかけました。また、先述のように「国分太一」は飛行機で岡山入りしましたが、帰りは新幹線を利用しました。「おのおのに感じたこと」を車内で話したといい、「新幹線までちょっと時間があったので、木村先輩がおごってくれましてね、ご飯を。まぁそこで、なかなか話さないような話もですね。他愛もない話ですけどもね、できました」と、詳しい会話の内容こそ明かさなかったものの、「木村拓哉」と親睦を深める機会にもなったようです。

「まぁ、木村先輩も言ってましたけれども、この「Smile Up Project」を立ち上げて、1回で終わりっていうのもね、絶対にあってはならないことだと思いますし。自分自身も、この「Smile Up Project」にいろんなことを、意見を言ったりとかして、支援の輪が広がるように。今後とも、1人でもその笑顔が戻るように、自分たちのできることを見つけていきたいなぁと思います」

「国分太一」は、こう決意を表明したのでした。一方、「Yahoo!ニュース 特集編集部」の「インタビュー記事」において、「木村拓哉」は「自分が責任持ちます」という気持ちで「プロジェクト」に携わっていると明かし、「今回は声をかけたら斗真と健が、後から太一と長瀬が駆け付けてくれました。「ありがとうな」って声をかけたら、健が「いつでも声をかけてください。どこへでも馳せ参じます」とか言うから「時代劇かよ」なんてやりとりを交わしたりして。みんな一生懸命取り組んでいました」と、後輩の協力に対する感謝を口にしていました。

「グループ」や世代の垣根を越え、それぞれに被災地と向き合っている「ジャニーズタレント」たちです。「国分太一」が言う通り、不安を抱える被災者が一日でも早く笑顔になれる日々を迎えられるよう、「ファン」もできる限りの支援を行ってほしいものですね。

今時点では小さな支援に過ぎなくとも「コツコツ」と積み上げていけば大きな支援へと繋がっていくでしょうね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。