神宮寺勇太★ファンのSNSに苦言★ジャニーズ目撃情報拡散★警察沙汰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「神宮寺勇太★ファンのSNSに苦言★ジャニーズ目撃情報拡散★警察沙汰」の事をお伝えしたいと思います。

「King&Prince」の「神宮寺勇太」が、発売中の雑誌で「SNSの使い方」について、「ジャニーズファン」に苦言を呈しています。「SNS」に投稿された内容をめぐって、不快な思いをした経験があるようです。

「10代」から年配者まで、幅広い「ファン」を抱えている「ジャニーズタレント」たちです。全国に多くの「ファン」が存在するためか、「マナー」を守れない人の言動が「ネット上」で問題になることも少なくないようです。昨年「8月」には、「Hey!Say!JUMP」の「八乙女光」が「公式携帯サイト・Johnny’s web」の連載「JUMPaper」内で、駅や空港で「出待ち・入待ち」をする「ファン」に対して、現場が騒ぎになった場合は「関係ない人たちに危害を加えてしまう」可能性があると説明しています。「グループ」が大きくなるためにも、「マナー」を守ってもらえたら、と呼びかけました。

「八乙女光」のように「タレント」自らが「ファン」に直接呼びかける「ケース」が昨今は増加しており、「ポポロ」「2018年10月号」「麻布台出版社」では、「5月」に「CDデビュー」した「神宮寺勇太」が、「ファン」に対して注意とお願いを述べています。




同誌の「連載コーナー」「神宮寺のコレ知ってる?」の「テーマ」が「10月号」は「SNS」で、「神宮寺勇太」は「俺はやり方がわからないし、SNSがなくても問題ない」と前置きしました。その上で、「SNS」だけで情報が共有できる現状は「便利すぎてついていけないよ」とこぼし、「ファン」へのお願いとして、「街で俺らを見かけても居場所を発信するのだけはやめて。GPS並みの正確さなんだもん「笑」」と、冗談交じりに注意しました。「神宮寺勇太」いわく、仕事の移動中にもかかわらず、目撃情報によって「遊んでる?」と誤解されることが「ツライ」ようです。

この「コメント」を受け、「ジャニーズファン」からは「SNSのこと、本当は言いたくなかったと思うけど、発信してくれる神宮寺くんは本当にえらいっていうか、しっかりしてる」「神宮寺がSNSのリアルタイムの遭遇情報に切り込んでるけど、文章からでも優しさが伝わった。キンプリのファンを教育していくのはやっぱり神宮寺」と、勇気を称える声が上がりました。

一方で、「なんでSNSで拡散されてることを知ってるの?知ってる=SNSやってるってことじゃない?」「神宮寺、絶対SNS使ってるし、使い方わからなくないでしょ。「GPS並み」って知ってるくらいだし「笑」」「目撃情報が嫌なのはわかった。けど、「SNSのやり方わからない」は嘘すぎない?」と、訝しむ人たちもいるようです。これらの意見に対し、「「やり方わからないは嘘でしょ」とかドン引き。本人がやめてって言ってるんだからやめなよ」などと「神宮寺勇太」を庇う声もあり、波紋を呼んでいます。

「SNS」の目撃情報に言及したのは、今回の「神宮寺勇太」だけでなく、「NEWS、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2」の「メンバー」にも同じことがおこっています。今年「4月上旬」、「石川県・金沢の駅」で「NEWS・手越祐也」を見かけた男性が「手越くんですか」と声をかけた際、相手が「そうです」と答えてくれたという目撃談が「Twitter」に浮上しました。ところが、「手越祐也」は「4月21日」の「NEWS LIVE TOUR 2018 EPCOTIA」福岡公演で、この遭遇情報が「最近の悩み」であり「全部ウソ」と断言しました。なんでも、「手越祐也」は母親から「金沢にいるの?」と電話で聞かれ、「ネット上」の事態を知ったようです。




同じく「4月」は、「Hey!Say!JUMP・山田涼介」が、「K-POPアイドルグループ・BTS」「防弾少年団」の「ファンミーティングに来ている」と、双方の「ファン」の間で話題になりました。ですが、「山田涼介」は「Johnny’s web」の連載で「グループ名」こそ出さず、「ファンミーティング」について触れながら、「私その時間家でDVD見てました。笑」と、目撃情報を真っ向から否定しました。「ネット」で「どこどこにいる」といった書き込みが広まり、そこへ「ファン」が集まった場合に「ケガ人」が出ることを懸念しつつ、「嘘の情報だけはやめていただきたいなぁ」と、警告したようです。

また、「Kis-My-Ft2・玉森裕太」の目撃をめぐり、勘違いが原因で街中が「パニック」になった一件もありました。今年「3月、東京・原宿」の竹下通りにて、「玉森くん、ロケしてるっぽい」「キスマイの玉森が来てるらしい」との「ツイート」が続出しました。当日は日曜日で、ただでさえ人通りが多かっただけに、歩行者らが「ドミノ倒し」になり、警察や消防も出動するほどの大騒ぎに発展しました。この時、「玉森裕太」は「Johnny’s web」の連載で「一日中仕事してたのに 全く別の所で俺が現れたと耳にした」と切り出し、「似ている人がたまたま居て誰かがSNSに書いたのかもしれない」などと、あくまで自分は原宿にはいなかったと報告しています。迷惑がかかってしまったと感じたのか、なぜか「玉森裕太」が「すみません」と、謝罪していたのでした。

「SNS」で目撃情報が拡散されれば、本人だけでなく、似ている一般人など無関係な人たちを巻き込む可能性もはらんでいます。「神宮寺勇太」の言うように、街で「プライベート」らしき姿を「目撃・遭遇」したとしても、「ネット上」には書き込まず、内心に留めておくことが望ましいのかもしれないですね。

「ジャニオタ」でなくとも「ジャニタレ」の目撃情報が分かれば一目でも会いたくなる気持ちになるのは同じですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。