山下智久さん★コネチケ・ジャニーズ全面否定★頼まれても俺は取らない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「山下智久さん★コネチケ・ジャニーズ全面否定★頼まれても俺は取らない」の事をお伝えしたいと思います。

昨年、「NEWS・手越祐也さん」の「LINEメッセージ」が流出したことを発端に物議を醸した「ジャニーズコンサート」における「“コネチケ”」問題です。「手越祐也さん」が自身の友人たちに、「事務所が今回のツアーから1人」「当たりチケットは」「40枚とわけのわからないルールを作ってしまいみんなに観てもらえないことになってしまいました」と、説明している「スクリーンショット」が「ネット上」に「アップ」され、「手越祐也さん」が友人へ「チケット」を与えていることが判明しました。多くの「ファン」から批判が続出しました。以降、「コネチケ」の存在はうやむやになっていたのですが、ここへ来て「現役ジャニーズ」がその実情を証言しています。

手越祐也さん」は「2015年3月」に「LINE」の「タイムライン上」で、「「NEWSコンサートにお誘いした方または行きたいと言ってくれていた方へ」と題し、事務所側が「チケット」に関して「メンバー1人」につき「40枚」という規定を作ったと報告しました。希望した全員に「チケット」が行き渡らない旨の理解を求める一文で、「事務所のマネージャーにもせっかく楽しみにしていてくれた気持ちを裏切ってんだから謝罪の電話してくれと頼んであります」と宣言していました。

コネチケ」の存在が明らかになり、「ファン」は大激怒しました。このほかにも「「4月から始まるツアーですが同じ業界の友人以外は基本的に本人はチケット取れないのでそこら辺のほどよろしくお願いします」「たくさんのお世話になってる友人に見に来て欲しいのですがわけのわからんルールを作られてるので申し訳ありません」と友人に向けて謝っている文章も流出し、「ファン」から「「コネチケ専用公演でもやれ」「「コネチケのせいで入れるファンが減るのに、「40枚でも少ないってファンをなめてるのか」と、「ブーイング」の嵐が巻き起こりました。「チケット」を取るために「ファンクラブ」に入り、「入会金・年会費」を払っている人たちにとっては、見過ごせない問題ですよね。




その後、「昨年5月27日」に和歌山で行われた「コンサート」で、「手越祐也さん」は「「チケットの件あるじゃないあれは本当にうちの家族とかもちゃんとお金払って来てくれてるし俺の大切な友達もお金払って来てくれてるから、「タダチケットジャニーズ1枚もないってことをみんなにわかってほしい。と、訴えました。

ところが、その後の「6月1日」には、「元モーニング娘」の「辻希美さん」が自身の「ブログ」で、「関ジャニ∞・安田章大さん」が主演を務める舞台「俺節」を観劇したと告白しています。「ブログ」に掲載された「ピンク色」の「チケット」には、「FC会員番号」「K800000010」と「藤本夢美 様」との印字が確認でき、これが「ジャニーズファン」の間で「“コネチケ”」といわれることになりました。「「手越が必死で弁明したのに、「コネチケが嘘だってバレ」と、再批判される事態となりました。

また、「NEWSメンバー」をめぐっては「手越祐也さん」のほかに、「小山慶一郎さん」も「コネチケ」をめぐって炎上しています。「昨年3月」、「小山慶一郎さん」の「プライベート」の「音声ファイル」が流出し、友人たちへ向けて「絶対内緒なんですけど~、「ツアーが決まってまして結構大きいとこでやるんであのエッグでやるんで卵型のエッグでやるんでよかったら皆さん水道橋にお越しください」と、「東京ドーム」での「コンサート開催」を示唆する内容が明らかになりました。「水道橋にお越しください」という一言から、「小山慶一郎さん」が不特定多数の人間を「コンサート」に招待している可能性が高まったのでした。

その一方、「NEWS」を脱退した「山下智久さん」は今年「1月23日放送」の「ラジオ番組」「Sound Tripper!」「InterFM897」で、意外な事実を語っています。「ジャニーズならでは」の「“あるあるネタ”」を話す中で、




「「カウントダウンコンサートのチケット取れる?」ってよく聞かれる」。取れないっつーの取らないっつーのって思いながら。「コンサートチケット」、本人取れないですよ残念ながらねやっぱりこう応援してくれる皆さんに見てもらいたいから普段からだから友達とかに頼まれても俺は取らないのもう申し訳ないんだけどね。「だってそのためにファンクラブに入って待ってる人がいるからさすがにそれはできない僕は言いますけども。「スッゲー」、よく聞かれるのよ

と、断言しました。続けて、「山下智久さん」は「ほかのさもしかしたらいるのかもねそういう本人枠があるところとかそういうのあるのかもしれないけど、「ジャニーズはそういうことやってないんですよね」と、「他アーティスト」には「“本人枠のチケット”」があるのではないかと口にしつつ、「山下智久さん」が認識する範囲での「ジャニーズルール」を述べていました。

NEWS」や「山下智久さん」よりも「ベテラン」になりますが、「V6・井ノ原快彦さん」は過去の「インタビュー」で「チケット」の裏事情を明かしています。「井ノ原快彦さん」いわく、仕事上でお世話になっている人は事務所が「コンサート」に招待するそうですが、友人や親戚の分は「自分のコンサートでも自分でチケットを買っています」とのことでした。この場合、「ファン」と違って抽選はないものの、自分で郵便局へ行って代金を支払っているようです。「03年」の「コンサート」については「33枚買いました」と具体的な枚数を挙げていました。

どこからが「“コネチケ”」なのか、定義は謎となっていますが、少なくとも「山下智久さん」は友人に頼まれても「ジャニーズ関係」の「チケット」を用意せず、「ファン」を理由に断り続けているのでしょう。「手越祐也さん」や「小山慶一郎さん」をはじめ、心当たりのある「ジャニタレ」には、こうした「ファン」思いな姿勢を見習ってほしいものですね。

ジャニーズファン」からすれば絶対にあってはならない事ですよね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。