長瀬智也★彼女からの名字呼びにグッとくる★ワケに納得の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「長瀬智也★彼女からの名字呼びにグッとくる★ワケに納得の声」の事をお伝えしたいと思います。

毎週、「ゲスト」と「テーマ」に沿った「トーク」を展開する「バラエティ番組」「TOKIOカケル」「フジテレビ系」です。「8月22日」の放送では、歌手の「西川貴教」が登場し、「トーク」を繰り広げました。




この日、最初に放送されたのは「女子が今さら聞けない悩み」という「コーナー」です。一般女性から集めた男性に対する悩みを紹介し、「西川貴教」と「TOKIOメンバー」が持論を展開していきました。そんな中、紹介されたのは「片思いの男子との初デートで「露出多めの服を着る女子」と「清楚な服を着る女子」どちらが正解?」という質問です。これに「西川貴教」は後者を選択します。一方、「松岡昌宏」は「俺はもう、露出が多いに越したことはない」と正直に回答します。「頑張ってるやつ好き」と「コメント」しました。

また、「付き合えそうな男子を名前で呼ぶタイミングは?」という疑問も紹介しました。これに対し「西川貴教」は「付き合ってからの名前呼び方会議が好き」という理由で、「付き合ってから呼ぶ女子」推し。そんな中、話を振られた「長瀬智也」は「付き合う前から呼び方を変えない女子」と即答し、「「途中で呼び方を変えると」言わされてる感がして嫌」といい、例えば苗字呼びのまま結婚したとしても、そこに関係性があるため「グッとくる」と話していました。これに対し視聴者からは、「確かに名字呼び素敵!」「長瀬くんが言ってること聞いて、初めて名字呼びいいなって思った」といった声が集まっていました。

さらに、「彼氏と喧嘩したときに、「我慢して思ったことを言わない女子」と「思ったことを全部言う女子」」という質問では、「西川貴教」は「長引くよりは1回で終わらせたほうがいい」という理由で「思ったことを全部言う女子」を選択します。これには「TOKIOメンバー」も同意で、「松岡昌宏」も「我慢して別れるのを恐れるより言って別れた方がいい」と「コメント」します。また、「国分太一」も、「男って鈍感じゃないですか。すごい鈍感だから言った方がいい」同意していました。




また、「立場はフィフティー・フィフティーじゃなきゃいけない」と「松岡昌宏」は話し、男女の立場は同等であるべきで、どちらかだけが強いのはよくないと言い、これに「西川貴教」が「ケンカしたときに男性が諭すような言い方、あれすごく嫌いみたいね」と自身の体験を交えつつ共感すると、「国分太一」は「「わかった、わかった」もダメ」と苦笑いしました。さらに「松岡昌宏」が「簡単に土下座しちゃダメ」と被せると、「メンバー」から「土下座すんの!?」と驚きの声が聞かれ、「スタジオ」は爆笑に包まれていました。この一連の体験談に「ネット」からは、「なんか生々しい!」「過去の女性遍歴を感じる!」などの声が集まっていました。

「TOKIOメンバー」のさまざまな恋愛観が明らかになった回でしたが、「ファン」として複雑な気持ちを抱いた視聴者も少なくなかったようです。

「彼氏・彼女」の呼び方が名字で呼ばれるのも慣れれば悪い気はしませんよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。