櫻井翔★小川彩佳との破局質問NG★交際なかったことに&冷たすぎる★記者苦言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「櫻井翔★小川彩佳との破局質問NG★交際なかったことに&冷たすぎる★記者苦言」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・櫻井翔」が「8月23日」、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」に向けた「日本航空」「JAL」の「新プロジェクト発表会」に出席しました。「櫻井翔」は交際していた「テレビ朝日・小川彩佳アナウンサー」との「“破局”」が伝えられており、今回は報道後初の公の場となりましたが、取材陣にとっては相当な肩透かしとなってしまったようです。

「櫻井翔」の登壇前に、主催者と「ジャニーズ事務所」から「マスコミ関係者」に向けて「小川アナに関する質問はNG」「破局に触れるのもNG」といった警告があったようです。「イベント」は、当たり障りない話しか出ず、粛々と進み、滞りなく終了したようです。




「櫻井翔」と「小川彩佳アナウンサー」は、昨年「2月」の「週刊ポスト」「小学館」によって熱愛が発覚したものの、今月「8日」発売の「週刊文春」「文藝春秋」によって破局が伝えられました。

「ポスト」の「スクープ時、嵐ファン」から「知的でお似合いのカップル」「結婚しそう」などと好意的な声が多く上がっていましたが、「ジャニーズ」と「テレ朝」も同様に、「2人」の関係を事実上認めているに等しかったようです。しかも「ジャニーズ」が、「各テレビ局」や新聞社に対して「交際報道を取り上げないように」といった通達を出さなかったため、次第に「マスコミ関係者間」で「電撃結婚するのでは?」とまで言われるようになったようです。にもかかわらず、破局報道が出たら、手のひらを返すように「質問NG」なんて 記者たちも「交際自体なかったことにするつもり?」「ちょっと小川アナに冷たすぎる気がする」と、眉をひそめていました。

そんな「小川彩佳アナウンサー」は交際時、「櫻井翔」との結婚を強く意識していたようです。

それでも、「嵐」は今年「11月」から「デビュー20周年イヤー」に突入するので結婚は難しいようです、そもそも「2020年」の東京五輪が終わるまでは「“結婚NG”」が既定路線と言われています。そこまで待ったとしても、その後すぐに結婚できる保証はないので、「小川彩佳アナウンサー」も「待ちきれない」と判断して、別れを選択したようです。




「2人」の破局を報じた「文春」は、「櫻井翔」に早速、女子大生の新恋人ができたことも伝えていましたが、これは「小川彩佳アナウンサー」にとって耐え難い「スキャンダル」だったようです。

「櫻井翔」の破局、そして即新恋人発覚の流れは、「嵐ファン」はもちろん、そして「ジャニーズ」にとっても由々しき事態です。「嵐」はすでに、年またぎの「ドームツアー」「ARASHI ANNIVERSARY LIVE TOUR 2018‐2019」を発表していますが、一部報道では「昨今、集客が落ちている」という指摘も聞かれます。現在、「櫻井翔」のほか、「二宮和也」も「元フリーアナウンサー・伊藤綾子」との交際報道で「ファン」を失望させている状況だけに、さらに「ファン離れ」が加速するものとみられ、「ジャニーズ」は頭を悩ませているようです。

「20周年イヤー」の「スタート」は、どうにも幸先が悪い展開となりそうですが、果たして「櫻井翔」は「小川彩佳アナウンサー」に、「ハッキリ」とした「“けじめ”」をつけているのでしょうか。

状況が変われば破局質問に「ストップ」がかかるのも仕方のないことかも知れませんね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。