セグゾ★主演ラジオドラマ★マリナカ★マリウス葉・関西弁展開★ファン騒然

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「セグゾ★主演ラジオドラマ★マリナカ★マリウス葉・関西弁展開★ファン騒然」の事をお伝えしたいと思います。

「ラジオ番組」「レコメン!」「文化放送」内で「Sexy Zone」が週替わりで「パーソナリティ」を務める番組「Sexy ZoneのQrzone」です。「8月20~23日」は、「中島健人」と「マリウス葉」が「パーソナリティ」を務めました。

今週は「オープニング」で、新企画の「連続ラジオドラマ」が「突然スタート」しました。「マリ、何回お前のこと好きって言ったらいい?」「中島」「な~んかいだっていいよ」「マリウス」と、突如会話劇が始まったのでした。




「オープニング時」に、お互い一言ずつ「セリフ」を言うだけの「ラジオドラマ」で、「2日目」には「マリ、ごめんな。冷たくして。俺好きな人には冷たくあたっちゃうんだ」「中島」「大丈夫。ケンティのそういうとこ、わかってたから」と、「ドラマ」が展開しました。「3日目」には、「おいマリ、昨日一緒に学校から帰ってたやつ誰だよ?」「中島」「ふっ、誰だっていいでしょ?」「マリウス」と、別の男の影が「チラ」つく急展開を見せました。

この「ストーリー」に、「めちゃくちゃ面白い!」と続きが気になる「ファン」が続出する中、翌日に放送された最終回です。「はぁはぁはぁ「おそらく走っている」。夏が寂しいのはマリ、お前のせいだよ」「中島」「バカなこと言わんといて。ほんまかなわなんな」「マリウス」と、実は「マリウス葉」が関西人と判明し、「ファン」が騒然とする中終了しました。

その後、「中島健人」が「ついに最終回を迎えました「マリナカ」なんですけど。「恋仲」「フジテレビ系、2015」にかけて「マリナカ」。感動の最終回を迎えました。と「タイトル」を発表しました。今回は「第1章」で、「シーズン2」も行う予定であることも発表されると、「SNS上」では「マリナカ2ndシーズン楽しみにしてます!」「めちゃめちゃ楽しかった!シーズン2あるの超うれしい。次回まで待ち遠しいなあ~!」と早速話題になっていたのでした。




「マリウス葉」の急な関西弁には笑った人が多かったようですが、少女漫画の世界観を「アドリブ」で出せてしまう「中島健人」はさすがです。そんな「中島健人」は、「21日」の「ラジオ」では「めったに泣かない女の子が我慢できずに涙を流した姿、泣き虫の女の子が泣かずに頑張っている姿どちらがいいですか?」という質問に「はっきり言います。めったに泣かない女の子が我慢できずに涙を流した姿、こちらです」と答えています。

「耐えに耐え忍んで流れてしまった涙ほど美しいものはない」と語り、「すぐ泣く子嫌いなんですよ。あんまり好きじゃないんです。本当に大事なときに泣かれる涙こそ本物だと思う」とその理由を「コメント」しました。

そして「女の子には強くいてほしいの。だからもうほんとに「耐えられないわ」という時は、本当に抱きしめてあげる。でも、それ以外は「もう少し我慢して」って。俺結構厳しくあたっちゃうかもしれないけど、俺を彼氏にしたい子はやっぱりそういう気持ちでいてくれ」と、「“彼女になる条件”」を明かしていたのでした。どうやら「Sexy王子」は、強い女性がお好みのようですね。

見事に「ファン」の期待を上手く裏切るかたちになった「マリウス葉」の関西弁には新鮮味があったでしょうね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。