King&Prince平野紫耀さん★4月期連ドラ決定★ゴリ推し成功するか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「King&Prince平野紫耀さん★4月期連ドラ決定★ゴリ推し成功するか?」の事をお伝えしたいと思います。

今年「4月期」に放送される「TBS系連続ドラマ」「花のち晴れ花男 Next Season~」に、先日「デビュー」が発表された「King&Prince平野紫耀さん」の出演が決定しました。「神尾葉子氏」による「同名マンガ」が原作で、「平野紫耀さん」は「主人公・江戸川音」「杉咲花」と同じ高校に通う「男子生徒・神楽木晴」を演じます。人前では「“カリスマ”」的存在を演じながら、実際は「メンタル」が弱い「“ヘタレ男子”」という、二面性を持った役どころです。




CDデビュー」発表後、さらにうれしい「ニュース」が舞い込んだため、「ファン」からは「「紫耀くん」「連ドラ出演おめでとうたくさん活躍してほしい!」「うわ~!「平野くん早速大仕事!「ドラマ絶対見る!」「これで紫耀くんKing&Princeも一気に知名度が上がりそうじゃない!? うれしい!」など、興奮気味の「コメント」が「ネット上」に多数投稿されています。

しかしその一方、「平野紫耀さん」が猛烈に「“推されている”」ことに疑問を持つ声もあるようです。確かに、「平野紫耀さん」は今年「honey」「ういらぶ。」と主演映画の公開を「2本」控えており、その上でさらに「花のち晴れ花男 Next Season~」の出演が発表されています。また、昨年「4月」からは大塚食品「ビタミン炭酸MATCH」の「CM」にも出演しており、すでに「デビュー組」をしのぐ勢いで「メディア露出」をしているのです。

もちろん、「平野紫耀さん」の「人気・実力」が認められたからこその結果に他ならないのですが、かねてより「平野紫耀さん」は「「ジャニー喜多川社長「“お気に入り”」」だと言われ、他の「ジャニーズJr.」よりも活躍の場を与えられることが多かったようです。そのため、「「花晴れ」「ドラマ化マジそして平野紫耀の推され具合がすごすぎるすでに見飽きた」」「なんでもかんでも平野ばっかりでスッキリしないなあ。「ゴリ推しがヒドイよね最近」「このままじゃ、「デビューしても平野紫耀 with King&Princeみたいになりそうでイヤ」と、拒否感を示す「ファン」も増えているようです。




そんな「平野紫耀さん」ですが、業界評はさらに厳しいようです。「25日」発売の「週刊新潮」「2018年2月1日号」「新潮社」では、「King&Prince」の「デビュー」発表、そして「「ジャニーズの平野押し」について報じられています。本誌には「スポーツ紙」の芸能記者が「コメント」を寄せているのですが、「平野紫耀さん」を「ドラマ・映画」に多数抜てきするのは「「ジャニーズ帝国の焦りを物語っていると言えるでしょう」とのことでした。さらに、この芸能記者は「「平野は声域が狭くてセリフに抑揚がなく、演技で喜怒哀楽の違いをほとんど付けられないおまけに音痴」と辛辣な評価をしており、今年「3月31日公開」の映画「honey」も「「コケる可能性大」としています。

ファン」からの人気は絶大ですが、「平野紫耀さん」が今後幅広い分野で活躍するには、「“推される”」以上の努力が必要そうです。今年「1年」は間違いなく、勝負の年になるでしょうね。

次世代を背負う「ジャニーズアイドル」の誕生に人気の大番狂わせが起きれば「ファン」も心配になるでしょうね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。