JUMP★心霊楽曲が多すぎ★ChikuTaku★女の子の声の真相

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「JUMP★心霊楽曲が多すぎ★ChikuTaku★女の子の声の真相」の事をお伝えしたいと思います。

「8月24日」深夜に放送された、「Hey!Say!JUMP」の「有岡大貴」と「高木雄也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「JUMP da ベイベー!」「bayfm」です。この日最初の話題は、「Hey!Say!JUMP」の楽曲「ChikuTaku」「2015」についてのある「ウワサ」です。それは「ChikuTaku」の「3分8秒」頃に「ちいちゃん、ちいちゃん」という声が聞こえるというものです。「エコー」のように聞こえたり、女の子の声に聞こえたりと、「ファン」の間で話題になっているとのことで、真相を確かめてほしいという「リスナー」からの「メッセージ」につづられていました。




この内容に「2人」は「なにこれ?」「えー、嘘だー」と半信半疑だったものの、いざ楽曲を再生してみると、「有岡大貴」は「聞こえた!」と興奮気味です。「高木雄也」も「ちいちゃん、ちいちゃん」と音声を再現するなど盛り上がり、「2人」は真相がわからないながらも、「ちいちゃん」の声は入っていると認めていました。

「有岡大貴」は「エコーにしては不自然なところだよね。エコーじゃないですね」と、「エコー説」を却下します。「これは、たぶん女の子の声だ!」と断言すると、「高木雄也」は苦笑いしつつ、「いやいや、違うだろ」と否定します。それでも「有岡大貴」が「いや、これ女の子の声だと思う」と食い下がり、「高木雄也」も「女性の声でしたね」と認めたものの、曲中に効果的に入れた音声ではないかと推測します。冷静な「高木雄也」に対し、「有岡大貴」は最後まで「女の子の声だね。入っちゃったんでしょうね~」と幽霊説を唱え続け、「でもよかった、恨んでる声じゃなくて。どっちかっていうと応援してるような」と勝手に一安心しました。最後まで「2人」は「これなんなんだろう」と首を傾げつつ、「「音の聞こえる方向が」左右、左右にしてるから、わざと入れてるんじゃないか」と推測していました。




実は「Hey!Say!JUMP」は「ChikuTaku」以外にも、「ファーストアルバム」「JUMP NO.1」に収録されている楽曲「情熱JUMP」の曲中に「知念かわいい」「熱い、熱い、知念かわいい」という女性の声が、「バックコーラス」中に聞こえると話題になっていたことがあります。いまでは都市伝説的に扱われている「“謎の声”」となっていますが、その「ウワサ」も踏まえて「またみんな探すんだろうなー」「有岡」「なんかあったらまた教えてよ」「高木」と呼びかけていました。

この話題に「リスナー」からも、「普通に怖い!もう見つけたくないよ「笑」」「有岡君はどんだけ心霊に持っていきたいんだ?」「ジャンプは心霊楽曲多すぎ!」といった声が集まり、盛り上がりを見せていました。

こんな頻繁に「心霊楽曲」が誰にでも分かってしまうのは考えられないことですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。