桐山照史★重岡大毅レコーディングで涙★デビュー時秘話告白★ファン歓喜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「桐山照史★重岡大毅レコーディングで涙★デビュー時秘話告白★ファン歓喜」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の「メンバー」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「bayじゃないか」「bayfm」です。「8 月25日」深夜の放送回は、「桐山照史」と「濱田崇裕」が「パーソナリティ」を務めました。先週は「メンバー」の「藤井流星」が誕生日を迎え「25歳」になったばかりですが、日付が変わった「26日」は「重岡大毅」の「26歳」の誕生日でした。「えっ?流星より年上やったんか」と驚く「濱田崇裕」でしたが、「桐山照史」も「なんかなぁ、小っちゃい時の記憶が多いですから」と、年長組の「濱田崇裕」と「桐山照史」にとってはいまだに若い時の「イメージ」の方が強いようです。




特に「桐山照史」は、「最初のレコーディングした時にうまく歌えないからって泣いてしまったりとか」と、「重岡大毅」の「デビュー当時」の姿が強く印象に残っている様子です。「僕もその現場にいて」と、「桐山照史」も居合わせたことを明かすと「えっ、そうなんや!?」と「濱田崇裕」は驚愕します。どうやら「桐山照史」は「レコーディング」の順番が「重岡大毅」の次だったようで、早めに現場入りし、歌を聞いたり、歌の先生としゃべっていたようです。すると現場が急にしんみりとした雰囲気に包まれ、異変に気付いた「桐山照史」は「どうした、どうした?」と、話を聞きにいったようです。

するとそこには、頭を抱えている歌の先生がいて「どうした?大丈夫か?」と尋ねたところ、「あの~重岡くんがですね。うまく歌えないって言って、ブースの中で泣いてしまってます」と言われたといいます。「嘘でしょ~」と驚いた「桐山照史」でしたが、その後「「しげ、一回出ておいで~」言うて、「どうしたんや?」言うたら「僕が思うてるように歌えないんです」」というやりとりをしたことを明かし、「なんかもうピュアよね、純粋」と当時の「重岡大毅」を懐かしそうに振り返っていたのでした。

さらに「桐山照史」は、「ジャニーズWEST LIVE TOUR 2018 WESTival「ウェスティバル」で披露した「桐山照史」&「重岡大毅」の楽曲「乗り越しラブストーリー」の裏話も披露しました。「重岡大毅」が初めて作詞し、「ツアー」では「重岡大毅」が「ピアノ」、「桐山照史」が三線を披露し、「グループ」では今までになかった「ミディアムバラード」をしっとりとした演出で「ファン」を沸かせていました。




ですが「桐山照史」は当初、映像で面白い要素を取り入れた方がいいと考えていたといいます。それを「重岡大毅」が「いや、照史と俺の空気感だけでお客さんをもたせたい」と、今までとは違う方向性で挑戦したいという考えだったようで、その意見を尊重したのだといいます。その結果、大成功に終わり、そこでしっかりと自分の意見を言うようになった「重岡大毅」の成長を感じてうれしかったと語っていました。

いつも元気にはじけまくっている「重岡大毅」の、「デビュー当時」のかわいらしい「エピソード」でした。数年越しに披露された初出し「エピソード」に、「ファン」からも「しげのエピソード聞いてから、もうしげちゃん大好き」「しげちゃんいないとこで、お兄ちゃんにバラされちゃうのも最高じゃない?」「2人にとって重岡くんは永遠に弟で、かわいい存在なんだな~」という声が多く上がっていたのでした。

弟分が「パニック」になっても優しく手を差し伸べる「桐山照史」の人柄が垣間見える「ファン」には嬉しい「エピソード」ですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。