滝沢秀明★ジャニー喜多川氏の後継者★次期社長計画はメリー氏大反対

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「滝沢秀明★ジャニー喜多川氏の後継者★次期社長計画はメリー氏大反対」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズ事務所」の「“後継者”」として、「ジャニー喜多川社長」が直々に「滝沢秀明」を指名したと、「8月30日」発売の「週刊文春」「文藝春秋」が報じています。「85歳」という高齢かつ、以前より体調不良説がささやかれ、最近では、車椅子姿も目撃されているという「ジャニー喜多川氏」は、すでにこの人事を、直接「滝沢秀明」に伝えたようです。「ジャニーズ」の世代交代は、着々と進んでいるとみられますが、この新体制には、かつてと同じ「“派閥問題”」の危険因子も潜んでいるようです。

これまで「ジャニーズ事務所」は、「スター」の「発掘・育成」を「ジャニー喜多川氏、事務所の経営をメリー喜多川副社長」が担ってきたとされます。経営面に関しては、すでに「メリー喜多川氏」から娘の「藤島ジュリー景子副社長」に実権が移りつつあるといわれていますが、「スター」の「発掘・育成面」は、「誰もジャニー氏の後を引き継げない」と、業界内で定説となっていました。

「ダイヤモンド」の原石を見つけて磨き上げ、「デビュー」させるという「ジャニー喜多川氏」の手腕は、ほかの誰にも真似できないといわれていたためです。ですが、「滝沢秀明」が首を縦に振るのであれば、来年からは「ジャニー喜多川氏」が担う「ポジション」に「滝沢秀明」が就くことになりそうです。事務所の社内組織図を見ると、現在「ジャニー喜多川氏」は、「ジャニーズJr.」や、舞台を中心に活動する「A.B.C‐Z、ふぉ~ゆ~」らが属する「Jプロジェクト」を直々に担当していることがわかりますが、その役割を「滝沢秀明」が任されることになると予想できます。




「滝沢秀明」が引き継ぐのは、「あくまでジャニー喜多川社長の「“業務”」で、ジャニーズの次期社長はやはりジュリー副社長であると見る向きが強い」というのですが、以前から「“タッキー次期社長説”」は社内でささやかれていたといいます。

「ジャニー喜多川氏」の「滝沢秀明」に対する思い入れはかなり強いようで、「マスコミ」に対して、「滝沢秀明」への熱い気持ちを語ることも珍しくないそうです。だからこそ近しい関係者の間でも、「“タッキー次期社長説”」が浮上したのではないでしょうか。ですがこの計画は、「メリー喜多川氏」と「ジュリー景子氏」の大反対によって、結局頓挫してしまったという「ウワサ」を耳にしました。

そんな中、せめて自分の意志だけは受け継いでほしいと、「ジャニー喜多川氏」が「“後継者”」として「滝沢秀明」を指名したのではないか、と業界関係者は見ているようです。

「滝沢秀明」は、これまでも自ら進んで後輩の育成を担ってきましたし、恒例の「滝沢歌舞伎」にしても、当初は「ジャニー喜多川氏」が演出を行っていたものの、現在ではほぼ「滝沢秀明」「1人」で作り上げているようです。少なくとも舞台に関しては、もはや「ジャニー喜多川氏」の業務とあまり変わらないと言えるようです。




ですが、「文春」が指摘しているように、「ジャニー喜多川氏」と「ジュリー景子氏」が「決して良好な関係にあるとはいえなかった」ことから、この体制には一抹の不安も残されているようです。

事務所内で「“派閥問題”」が再び勃発する可能性がありるようです。かつて、「ジュリー氏」と「元SMAPチーフマネジャー・飯島三智氏」の派閥が生まれ、双方の「タレント」は「共演NG」になるなど、「タレント」や「スタッフ」だけでなく、「ファン」をも困惑させたことがありました。もし、来年以降、「滝沢秀明」が「ジャニー氏」の後を継ぐとなると、「“ジュリー派閥”」と「“タッキー派閥”」が誕生することになるのではないでしょうか。今の両者の関係は、はた目から見れば「“よくも悪くもない”」といったところですが、今後の流れ次第では、対立が生まれても、不思議ではないようです。

何はともあれ、事務所内の世代交代によって、「ファン」を悲しませる事態になることだけは避けてもらいたいものですが。

以前から「滝沢秀明」の後継者になる噂はありましたが現実実が増してきているのは確かなようですね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。