伊野尾慧★イノ調100回目★三宅正治アナウンサーに言われた一言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★イノ調100回目★三宅正治アナウンサーに言われた一言」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「めざましテレビ」「フジテレビ系」内で放送される「Hey!Say!JUMP・伊野尾慧のコーナー」「イノ調」が「8月30日」に放送されました。




毎回、「伊野尾慧」が気になる「テーマ」を深堀りしていくこの「コーナー」ですが、この日はなんと「コーナー」開始以来「100回目」の放送です。冒頭、「伊野尾慧」は「スタッフ」からくす玉を渡され、「ヒモ」を引っ張ると中から「祝 イノ調100回目」と書かれた紙がお目見えし、「伊野尾慧」は「やったー!」と大喜びしました。大興奮で道行く通行人にもうれしそうに報告し、「おめでとうございます」と祝福の声をもらっていました。

そして、この日の「メインテーマ」は「いまリノベーションに熱い街」として、「伊野尾慧」が馬喰町を紹介しました。最初に訪れたのは、「築約90年」という「ビル」です。かつては文房具の卸問屋だったものの、現在はおしゃれな「カフェ」に「リノベーション」されているとのことで、「伊野尾慧」も「壁も経年劣化しているところも見えるんだけど、そこがまた素敵な味になっていますよね」と絶賛します。「リノベーション物件」ならではのおしゃれな雰囲気を堪能していました。

さらに「リノベーションビル」で経営されている美容室や「カフェ、アパレルショップ」なども訪れた「伊野尾慧」です。「カフェ」ではおすすめの「シメサバ」の「タコス」を試食するなどもしました。また、最後には「ユニーク」すぎる「リノベーション施設」として、「3年前」に引退した「寝台特急・北斗星」の「パーツ」をそのまま「ビル内」に移したという「ホテル」が紹介されました。「伊野尾慧」はそこで、「ちなみに私もね、北斗星に乗ってみたくて」と北斗星に乗ろうとしていたことを告白しました。ですが、引退前は予約で埋まっていて、切符を買うことができなかったといいます。最後には「伊野尾慧」が車掌に扮した「“妄想劇場”」も炸裂しました。「100回記念」の収録を堪能していました。




この放送に視聴者からは、「100回で満足せず、1,000回を目標に頑張ってほしい!」「どんどんレポートうまくなって、伊野尾くんの好奇心や着眼点を知ることができて本当に楽しい。ずっと続いてほしい!」「これ見て、毎回いろんなテーマで盛り上がる伊野尾くんがもっと好きになった」といった声が集まっていました。

また、「VTR後」には「めざましテレビ」の「メインキャスター・三宅正治アナウンサー」から「なんと100回ですか。本当にお疲れ様でした」と「イジラ」れる場面もありました。「伊野尾慧」は焦り顔で「終わらないし!終わらないし!まだまだ続きますから、本当に!」と「ツッコミ」ました。「スタジオ」には笑いが巻き起こっていました。

「番組スタッフ」との信頼関係も垣間見え「伊野尾慧」の「イノ調」が今まで以上に「パワーアップ」していくような気がしますよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。