八乙女光★有岡大貴&高木雄也が呆れ顔★声を荒らげてツッコんだ理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「八乙女光★有岡大貴&高木雄也が呆れ顔★声を荒らげてツッコんだ理由とは」の事をお伝えしたいと思います。

「9月1日」放送の「Hey!Say!JUMP」の冠番組「いただきハイジャンプ」「フジテレビ系」は、「有岡大貴、高木雄也、八乙女光」による「千葉県・房総半島」での「日帰りサイクリング旅」が放送されました。

今、自転車での観光地巡りが「大ブーム」ということで、「ゲスト」に「ライセンス・井本貴史」を迎え、「有岡大貴、高木雄也、八乙女光」の「3人」が「できたて」「取れたて」など、いろんな「たて」を味わう「“たてづくしサイクリング”」へ出発しました。千葉県の木更津を「スタート」した一行は、その日の朝採れた「産みたて」の卵を購入できる「光永ファーム」へと向かいました。




そこで「オレンジ色」の黄身に、甘みとまろやかな「コク」を持つ「永光卵」を購入した一行は、卵かけご飯を食べるために近くの民家に「白飯探し」に出かけます。訪ねた「一軒目」の民家には白飯はなく、「2軒目」に訪れた「久留里修道院」の「シスター」にご飯を分けてもらいますが、それは「豆ご飯」でした。断るわけにもいかず、おいしくいただく「有岡大貴」たちです。

なかなか白飯に出会えない一行は、住宅街へ行き、一軒ずつ当たっていく作戦にします。おしゃれな家を見つけた「井本貴史」は、「ピンポンして「ご飯ちょうだい」って言ってきて」と「高木雄也」に無茶ぶりします。「いや無理だよ!」と一度は断りますが、「有岡大貴」に背中を押され、「高木雄也」は「ピンポン」を押すものの留守の模様です。

隣の家に行くと、「井本貴史」がまたしても「高木くん行ってきて」と交渉役に「高木雄也」を「プッシュ」します。すると、「高木雄也」の交渉が功を奏し、見事白飯を「ゲット」することに成功します。ですが、ここで卵かけご飯の作り方で問題が勃発しました。

卵をそのままかける派の「八乙女光」、黄身だけかける派の「高木雄也」と「有岡大貴」、卵を混ぜてからかける派の「井本貴史」と、それぞれ「スタイル」が違うことが明らかになります。中でも卵かけご飯にはうるさいという「高木雄也」の食べ方が、「まずご飯全体に醤油を染み込ませ、その上に黄身だけを乗せ、混ぜずに食べる」というものです。この手法で食した「高木雄也」は「うめー!ほんと濃厚。マジでうまい!」と絶賛します。




その後、環境省による「平成の名水百選」にも選ばれた「湧きたて」の久留里の水や、「絶景スポット」の「向山・共栄トンネル」を堪能した一行は、最後の「スポット」に向かいます。

最後に着いたのは、「沸きたて」の温泉「渓流の宿 福水」です。露天風呂に入った「有岡大貴」は、「「自転車を」漕いだ足にメチャクチャ染みますね」とほっこりです。「八乙女光」も「お肌ツルツル」と満足げです。そんな中、「有岡大貴」が「温泉ロケでよくあるシーンやろうよ。よくナレーションとともにお届けするサービスカットじゃないけど」と、「温泉シーン」の撮影を提案すると、「高木雄也」が「温泉レポート」、「八乙女光」が「ナレーション」に挑戦することになりました。

ですが、「木々のざわめきや川の音、渓谷のせせらぎをBGMに、日頃の喧騒から離れ、贅沢で優雅なひと時を愉しむことができる」という「ナレーション」を、「八乙女光」は「「“きき”」のざわめきや川の音、「“ようたに”」のせせらぎをBGMに、日頃の「“ケンカ”」から離れ、贅沢で優雅なひと時を「“くるしむ”」ことができる」と、ところどころ漢字を読み間違えて朗読しました。あまりの漢字の読めなさに、「高木雄也」は「ケンカって何?」、「有岡大貴」も「最後、くるしむじゃないからね。たのしむだから。真逆だから!」と、呆れながら「ツッコミ」を入れていたのでした。

「八乙女光」の漢字を読めないのは有名なことですが「有岡大貴」も「高木雄也」もまさかここまでとは思わなかったようですね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。