加藤シゲアキ&小山慶一郎★Jr.時代★大先輩の舞台で得たもの語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「加藤シゲアキ&小山慶一郎★Jr.時代★大先輩の舞台で得たもの語る」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・加藤シゲアキ」と「小山慶一郎」が「MC」を務める「NEWSな2人」「TBS系」は、現代社会が抱えるさまざまな問題に切り込む「バラエティー番組」です。「8月31日」深夜の回では、「劇団四季の裏側」に潜入する様子が放送されました。

日本の未来を担う若者の夢を応援する「金の卵企画」「第5弾」ということで、美術制作の「プロ」を目指す「金の卵」に密着しました。美術制作とは、映画や舞台の小道具や大道具、「テレビ」の「スタジオセット」や「音楽ライブ」の装飾をつくる仕事のことです。今回は、劇団四季「キャッツ」の舞台美術の一部を、京都造形芸術大学の中から選ばれた「22名」の学生が作るという初の「共同プロジェクト」を実施します。「小山慶一郎」がその裏側に迫りました。




「プロジェクト」が始まったのは、「2018年3月」です。「東京・大井町」の「キャッツ・シアター」で「8月」に開幕される舞台に向けて、わずか「5カ月」で「約50点」の美術品をつくります。「バイク」を制作している「沼口りずむくん」に密着すると、「モデル」となる設計図が存在しないため、素材と工程を学生自身で考えることが明らかになりました。また実際は「ステンレス素材」である「マフラー部分」を、美術品では「発泡スチロール」で代用するなど手のかかった場面が紹介されると、「加藤シゲアキ」は「中古で買ったほうが早いんじゃないの?」と発言します。「小山慶一郎」は「そのレベルの大きさじゃないのよ」と反論しました。

「キャッツ」は都会の「ゴミ」捨て場を舞台にした猫たちの物語です。猫から見た人間の世界を表現するために、美術品は実物の「3倍以上」の大きさで作られているます。また、その美術品の「ストーリー」を設定してから制作をしているといいます。

参加しているのは、小学生の時、「マカロン」の「ストラップ」を自作したことがきっかけで「モノ」作りに目覚めた学生や、高校生の頃に見た「アラジン」の舞台をきっかけに美術制作の道を目指す学生など、きっかけはさまざまですが、「モノ」作りが大好きという点ではみんな同じです。




そんな学生たちが「5カ月」かけて完成した舞台へ、「小山慶一郎」と学生たちが向かいます。「ステージ」だけでなく客席にも「360度」に渡って装飾された美術品を見て、「小山慶一郎」は「すごーい。僕ね、猫飼ってるんですよ。こう見えてるのかな とか思っちゃうほどすごくリアリティーがある」と称賛します。学生たちも自身で制作した作品を見て、感動している様子でした。

「スタジオ」で「VTR」を見ていた「加藤シゲアキ」は「懐かしい気持ちになった。Jr.の時とか1つのものに憧れてそれを目指して、メンタルもやられるけど楽しいっていう、そういう懐かしさを思い出しましたよ」と「コメント」しました。「小山慶一郎」も、「変な話。我々はジャニーズJr.の時、大先輩の舞台に立たせてもらう時あるじゃん。それってめちゃくちゃ怖いけど、そこで得たものもたくさんある」と自身もかつては「金の卵」であったことを振り返り、そこから成長して今があることを語ったのでした。

「加藤シゲアキ&小山慶一郎」「2人」も「Jr.時代」には様々な苦労があったことが今に生きているのは確かなようですね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。